ダイエットトレーニング12週間プログラム 12週目 自分の弱点を克服しよう!

さあ、ダイエットトレーニング12週間プログラムも最後になりました。

今週は最後総まとめとして、自分の弱点を知りそれを克服していくトレーニングです。

 

トレーニングを12週間3カ月すると自分の身体の変化にきずくころです。

しかし、ここから最後は自分の弱点を克服することを少しメインで考えましょう。

特に、自分の弱さを克服することを考えましょう。

 

それは、弱点を克服することです。

例えば私なら下半身系のトレーニングが苦手です、ですのでついつい上半身系に

メニューが偏りがちに。しかし、自分の好きなメニューだけではダイエットは成功しないのです。

特に下半身の可動性や強度、また、体幹力、上半身の強度など、自分の弱点を克服することで

自分の今迄のトレーニングメニューが大きく変化していきます。

 

私はレッスンをする時に必ず評価を毎回します。それはどのメニューではなく

様々なメニューを行い、そこからその方の強い所と弱い所をまずは

検証します。その検証からその後のトレーニングプランを考えていきます。

 

例えば足首の関節が硬く、弱い方は両足系のスクワットなどは出来るのですが

片足のメニューになると極端に動きが悪くなるケースが少なくありません。

これは、片足で支えるということが出来ない身体の動きに普段からなっており

しっかりと克服しないと、次のステージにトレーニングをおこなっても

負荷設定がなかなか上がらない、筋トレでの効果がなかなか現れないなどの現象がおきます。

 

これは片足で支える筋力が無い為に両足でわからない、コアの力が低下していたり

関節の可動性に問題があるケースが少なくありません。

その為に自分の弱点をしっかりと把握することで、その後のトレーニングプランで

大きな成果を出すことができます。

 

よく筋トレをするがなかなか痩せない、なかなか効果を感じないというご意見少なくありません。

これらはほとんどが自分の弱点やどの部分にエラーが出ているのがわからない為に

トレーニングの内容が偏ったりしているケースが少なくありません。

その為、修正出来ないまま、負荷をあげたりすると、一定の筋肉だけを使うような

動きになり成果を伴わないトレーニングになることがあります。

 

自分の弱点をしっかり修正してどの部分を修正することが必要か。

客観的に判断してからトレーニングを進めていきましょう。

そうすることで、自分の動作や体幹を強くすることが出来るので、

トレーニングでのダイエット効果をより高めることが出来ます。

是非、弱点を克服して筋トレで身体をつくりあげていきましょう。

来週からは、体幹からダイエットシリーズです。

体幹トレーニングによる効果をいかにダイエットに結びつけるかです。

 

是非、参考にしてください。

asuka-sports.com

asuka-junior.com

トレーナー兼コーチ 野島

 

 

この記事を書いた人

野島 竜一

あすか鍼灸整骨院/asukaトレーニングクラブ院長兼代表

1971年奈良生まれ、 トレーナー スポーツ外傷専門の治療家/体幹トレーニング専門のフィジカルトレーナー。アスリートから一般の方までに体幹トレーニングにより体が健康になる素晴らしさをブログで発信。

この記事を読んだ方は、他にこちらの記事も読んでいます。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。*が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)