ゴルフスイングトレーニング
(奈良本店、学園前店でも開催!)

ゴルフスイング
トレーニングについて

ゴルフのスイングに必要なレッスンです。
良いスイングを身につけるには身体を正しく動かす事を覚えましょう。
ゴルフは経験とスキルが必要なスポーツですが、それと同じぐらい体幹の柔軟性とパワーがとても必要なスポーツです!

 ゴルフの動きは同じ動きでパターンが1つしかないですが、動く関節と動きを止める関節が上手く使えるようになると自然にスイングそして飛距離のupに繋がります。
ゴルフの場合、まず大切なのが柔軟性。
いくらパワーがあっても股関節や足首、胸椎といわれる胸の部分に硬さがあると、連動性がなくなってボールにコンタクトする事が難しいと言われています。
 
トレーニングを通じて、意識をした事もないような足裏、身体の関節の動きを理解しながら身体の使い方を覚えて頂きゴルフのスイングを活かせられるように指導致します。

ゴルフスイングトレーニングの魅力

動画撮影を用いた動作分析

自分のスイングの仕方を客観視することは、とても大切です。
客観的に見ることによって出来ている部分と出来ていない部分を明確にすることができます。
そうすることで改善点が見えてきます。

連動性のトレーニング指導

ゴルフのスイング改善において自分のカラダを思い通りに動かすトレーニングが必要です。
身体を思うように動かすには「四肢の連動性」がとても大切です。
どこをどのように動かせば思った通りのスイングができるのかを考えながらトレーニングを進めていきます。

飛距離アップ

飛距離アップにおいて重要なのはヘッドスピードの速さです。
ヘッドスピードをあげるには筋力が必要です。その中でも下半身、体幹、背筋の筋肉を鍛えていくのが効果的とされています。
全体的にバランスよく鍛えていきましょう

ゴルフスイングトレーニングの内容

1身体の柔軟性強化

股関節、胸椎といったゴルフに必ず必要な部分を中心に関節の可動域を広げていきます。

2体幹の強化

下半身と上半身を上手く連動さすには、身体の中心である体幹部分の強化が必要です。
腹筋、背筋、特に腹部のインナーマッスルを鍛え
背中の丸まり、オーバースイングなどスイング時の安定感を作ります。

3筋力トレーニング

パワーを作りだすには、筋力とスピードが必要です。
ウエイトを使って瞬発的なパワーを生み出せるトレーニングを行います。

4連動動作

下半身から上半身、そしてボールへとエネルギーを伝えるためには、できるだけ無駄のない動作を作らないといけません。
自分の身体の位置関係をトレーニングを通じて覚えて頂きます。

スタッフ紹介

米山 泰誠

米山 泰誠

資格:TRX認定トレーナー、バイパー認定トレーナー、健康運動実践指導者、日本体育協会公認アスレチックトレーナー、ラグビーコーチング資格

担当競技:フィギュアスケート、ウェイトリフティング

高校時代には野球で甲子園出場経験。フィジカルトレーニングが得意。学生時代鍛えあげた脚力も健在。アスリートから女性まで幅広いトレーニングレッスンを行う。
ゴルフインターハイ出場選手・国体出場選手多数指導
一般のゴルファーの方からも飛距離アップ、スイングスピードの向上での実績多数。

野島 竜一

野島 竜一

資格:NSAM-GFS、柔道整復師・鍼灸師、NASM-PES、FMS認定トレーナー、TRX認定トレーナー、DNS認定、PRI認定、EXOS Phase1認定、MAストレングス レベル1、ラグビーコーチング資格

プロ選手、ジュニア選手多数指導
今まで関西近郊で延べ10,000人以上のスポーツ障害に携わり、様々な競技選手の治療・トレーニングを行ってきました。その経験を活かし怪我をしない身体づくり、怪我から競技復帰に対して当クラブ独自の身体の動作改善の指導を行い 選手が正しい身体の使い方を習得し多くの選手を早期での競技復帰を行っております。

ゴルフスイングトレーニングの流れ

大きくはこのような流れでレッスンしております。
年代によって必要な要素も違ってくるので、その方に合ったトレーニングを行います!

  • 股関節、胸椎、肩関節の
    柔軟性トレーニング
  • 体幹、下半身メインにした
    筋トレ、瞬発系トレーニング
  • 競技に近づけた
    連動性トレーニング

お問合せ・ご予約はこちらから

各パーソナルトレーニングは体験レッスンを設けておりますので、ぜひご参加くださいませ。
その他のお問合せもお気軽にどうぞ。