筋トレ女子必見、ダイエットをする為の3つの条件。 

筋トレで効果をあげるには、様々な条件が必要になります。特に今日は

女性にターゲットを絞ってお話していきたいと思います。

 

まずは、女性で筋トレを行う方は年々増加し年齢層もかなり高い方も

行っておられます。

しかし、なかなか筋トしても痩せない、逆に食べ過ぎてしますどのご意見を

頂きます。

この原因は大きく3つあります。

①筋トレは1日して成果が出ない

②自分でセット数や回数を覚える

③正しい筋トレの知識が必要

この3つがなかなか効果が出ない原因です。

特に筋トレは①のように1日ではなかなか効果はでません。

筋トレで効果の出るのは3カ月程度経過してからです。

身体の筋肉をつけるとその部分には脂肪がつきにくくなります。これは

筋肉がある程度つくと、脂肪細胞に働きかけて脂肪の分解を促す効果があります。

筋トレを行うことで脂肪がつきにくい体質に変化させることができるのです。

 

しかし、②のように筋トレはただがむしゃらに行うのでは効果も半減です。

筋トレで重要になってくるのが、筋トレの行う回数やセット数です、

先日も筋トレを初めて行った方が筋肉痛が来ないから、筋トレの効果あるのですか?

っという意見がありました。

筋肉痛=ダイエット効果ではありません。

筋肉痛は筋トレをある程度の負荷で行えばあらわれます。しかし、それがダイエットとするかどうかとは

関係ありません。

筋トレでは回数を決めるのは自分の行うウェイトを無理ない程度ではなく、ある程度限界の域までを

追い求めていきます。しかし、筋肉痛はその過程で来るかどうかで、筋トレの効果とは

別問題です。

逆にあまり激しい筋肉痛が来ると普段の動作にも影響があるので、結果動かない生活になり

脂肪がつきやすいことになります。

その為に、回数、セット数は自身でも覚えて、どの程度行う必要があるかを知っておくことが

重要になります。

セット数は原則3セットがいいと思います。セット数が多いとあげるウェイトが

限界を超えると思います。

例えば、スクワット30kgを10回3セットといった感じです。

しかし、この3セットの前に10kgで20回程度行い関節のアップ動作を入れることはとても

筋トレには有効的です。

いきなり30kgを行うのではなく、10kgで少し軽い負荷で身体を鳴らすことで30kgがスムーズに

行えます。あくまでもある程度の重さを25~30回出来る回数が望ましいと思います。

筋トレの知識としては毎日筋トレをがっちりすることがいいと思う方もおられますが、これも

違います。

 

筋トレを行い、筋肉が回復するには2日程度かかります。ですので筋トレは週2回程度が一番いいと

思います。多くても3回。これ以上は筋肉を休養することが出来ません。

週2~3回で時間は40~60分程度が理想です。

また、水分補給などはとても重要です。水分をしっかりととることが重要です。

水分は身体の構成の70%を呈しています。

水分をしっかりととることで、筋肉量の減少を減らします。筋肉量が減ると当然筋トレ効果も

軽減します。

 

正しい知識で筋トレを行うことで、女性が筋トレを行ってもダイエットの効果は誰でもあります。

後は、自分に合うトレーナーがいれば最適です。

asuka-sports.com

asuka-junior.com

asuka-shinkyu@lapis.plala.or.jp

トレーナー兼コーチ 野島

 

この記事を書いた人

野島 竜一

あすか鍼灸整骨院/asukaトレーニングクラブ院長兼代表

1971年奈良生まれ、 トレーナー スポーツ外傷専門の治療家/体幹トレーニング専門のフィジカルトレーナー。アスリートから一般の方までに体幹トレーニングにより体が健康になる素晴らしさをブログで発信。

この記事を読んだ方は、他にこちらの記事も読んでいます。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。*が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)