走るのってどうしたら速くなるのか。お尻を意識して走れば 速くなるのをお母さんご存知ですか。子供さんの運動会、競技でももっと速く走れますよ。

あすか鍼灸整骨院 院長野島竜一です。

nojimaryuuichi2

今日からブログが引っ越ししました。

今まで同様、自分の本業のアスリートの

怪我の治療、リハビリ、トレーニングなど真剣に書いていきます。

本業以外の事も少し。

【足が速くなるにはお尻ですよ】

自分の子供が運動会や競技でなかなか速く走ることできないのよ。
こんなお話、親御さまからの質問で一番多いです。
ボクがお話しするのは、「誰でも速く走れますよ。」だって走るコツを知っているから。
でもほとんどのお子さまはそんなこと知りません。
才能で確かに速く走れるお子様もいます。しかしそれは数パーセントの事です。
走るにはまず、いかにお尻の筋肉を意識できるかです。
しかし、お尻を意識して走ることを知っている子供さんはほとんどいませんので安心してください。
お尻は足を振り上げたり振り下ろしたりする時に軸となる部分です。
その軸を意識することで足は格段に速くなりますよ。
でも、意識する練習は必要ですが。

【足が走れる爽快感をもっと楽しもう、そして走る楽しみを感じて】

足が速く走れることは、今まで自分が感じない体験をすることです。
ボクもそうですが、爽快感これは人間が行うもっとも速い動作。
普段と違うスピードで動く楽しみを感じてみる。
これが楽しくなります。
速く動けることをもっと楽しみましょう。
楽しみのない練習は面白くない。
面白くないのは練習する気にならない。
面白いと思うと走ることは意外に楽しい。
楽しいことは自然に練習するようになりますよ。
その為に何回も言いますがお尻をきちんと使う練習をしましょう。
自分はどうせ、速く走れないからって諦めないで。
全然大丈夫です。そういう後ろ向きな考え方は一度忘れましょう。
速く走ることで今までとは違う感覚がしますよ。周りが変わる、これってなかなか感じられないこと。
速く走るには…
踏み込む動作ではお尻で踏む。
地面を踏む際はお尻で踏む。
お尻に体重をのせて走る訓練をする。
よくありませんか?走った後ってしんどいけど何か、
なんとも言えない爽快感、充実感って。
僕はむっちゃあります。

【速く走る為には目標があれば最高】

速く走るにはやっぱり誰かより速くとか。
速く走ってゴールするとか。
速く走ってみんなを驚かせたい。とかなんでもいいのです。
目標みたいなものがあれば最高です。
目標は励みになるし、それに向かって練習する勇気につながりますよ。
後は何回も言いますが踏み込む時にお尻で踏む動作を意識すること
お尻で踏むことが出来れば自然と速くなります。
もう少し走ることについて書きたいけどまだまだお伝えすることが
沢山あるので次回に残しておきます。
あ、ちなみに僕の目標は50代になっても子供の運動会で一番になることです(笑)
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

この記事を書いた人

野島 竜一

あすか鍼灸整骨院/asukaトレーニングクラブ院長兼代表

1971年奈良生まれ、 トレーナー スポーツ外傷専門の治療家/体幹トレーニング専門のフィジカルトレーナー。アスリートから一般の方までに体幹トレーニングにより体が健康になる素晴らしさをブログで発信。

同じカテゴリーの記事を読む

この記事を読んだ方は、他にこちらの記事も読んでいます。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。*が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)