筋肉はしっかり伸ばしてあげると、勝手に縮もうとします、その性質を活かす!

体幹トレーニングアドバイザーのノジこと、

あすか鍼灸整骨院・asukaトレーニングクラブの

野島竜一です。

今日は、朝から晴天で奈良マラソンも

無事に行われました。

さぁ、今週はおん祭りですね。

少しづつ奈良のイベントもクライマックスに向かっています。

効率よく動くにはどうすればいいですか?

そんな声を最近良く頂きます。

効率よく歩くには。

それは筋肉の性質を活かすこと

筋肉は、しっかり伸ばすことで勝手に縮みたくなる。

筋肉は、性質がゴムみたいです。

できるだけ伸ばそうとすると、今度はそれ以上伸ばされないように

防御的に縮む性質があります。

この性質をうまく利用すると小さな力で大きな動きができます。

例えば、階段を登るときにカラダを前方に傾けて、

登ろうとしていない足をできるだけ伸ばそうとします。

そうすることで踏み込んでいる前方の足の臀部は伸ばされます。

一方後方にある足は大腿全面と、腹部の腸腰筋が伸ばされます。

そうすると、筋肉はお互いに伸ばされ早く縮もうとします。

後は腕の振りで骨盤を回旋させることにより、

そんなに体力を使わずに階段を登る事が可能です。

色々な場所で活用できます!!

これからの時期初詣などで階段が多い神社へ行くことが多くなりますよね。

そんな場面で階段を登るときに活用できます。

階段をのぼるときも少し筋肉を意識することで

全然、違ってきます。あんなにしんどかったのに、

楽にのぼることを実感して頂けると思います。

こんな感じで↓

dsc_1168

また、追って順にご紹介していきたいと思います。

 

 

今日も皆さまに感謝です。

この記事を書いた人

野島 竜一

あすか鍼灸整骨院/asukaトレーニングクラブ院長兼代表

1971年奈良生まれ、 トレーナー スポーツ外傷専門の治療家/体幹トレーニング専門のフィジカルトレーナー。アスリートから一般の方までに体幹トレーニングにより体が健康になる素晴らしさをブログで発信。

同じカテゴリーの記事を読む

この記事を読んだ方は、他にこちらの記事も読んでいます。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。*が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)