筋トレ女子、奈良市で筋トレするならHIITトレーニング専門ジムで!! 筋トレ効果抜群!!

HIITトレーニング、最近よく聞くトレーニング方法です。

これは高強度インターバルトレーニングと内容になります。

最近、筋トレをしているがもの足らない方にはお薦めのトレーニング。

HIITトレーニングとは高強度の短いトレーニングを様々なメニューを

休憩をはさみながら行います。

これは、欧米ではとても人気のあるトレーニング方法で大会なども行われる程です。

 

HIITトレーニングとは、短い時間でのトレーニングを繰り返し行います。

ただし、最初からそれを行うわけではありません。

①ダイナミックストレッチ

②コアトレ

③ストレングス

この3つをきちんと行い、身体をHIITに行ける準備をします。

ここからHIITトレが始まります。

どんなことをするかは、まずダイナミックストレッチやコア、筋トレで

行なってことの応用編を行います。

 

HIIT例

①ヒップウォーク

②BOXジャンプ

③スクワット

④ショルダープレス

⑤キャタピラー(腕縦伏せの応用編)

⓺ルーマニアンデッドリフト

⑦シットアップ

 

これら7つのメニューを20秒間全力で行います。

1つのメニューを行う度に休息を10秒~20秒いれます。

ですので

20秒×7=140秒

休憩10秒×7=70秒

を210秒で1クールになります。

これをだいたい約4分程度ですので、これを2クール行います。

ただ、20秒という短い時間と約8分という短い時間を正確なフォームで出来るだけ限界まで

行ないます。

これがHIITトレーニングになります。

 

ここでのポイントは3つ。

まず

①有酸素系運動を必ず入れる

②筋トレのストレングスは自分が普段行っている半分程度の重さ

例えばスクワットを普段80kgで3回程度がMAXの場合、HIITでは

30~40kgでいいと思います。これは短い時間に様々なトレーニングを行うために

自分のMAXの50~60%で行います。ただし20秒あるので普通で行えば10回程度は出来る

ことになります。

 

上級者になればMAXの80%で行うこともお薦めします。

このように筋トレ、有酸素、そして瞬発力を高めるトレーニング交互に行います。

しかし、使う筋や関節などが違う為に身体のダメージは抑えれます。

また定期的に休息がある為に、短い時間での効果は抜群です。

 

最近ではサッカーのJリーグやラグビーのトップワンなど多くのアスリートの方がこのトレーニング方法を

導入しています。

 

是非、HIITトレーニングで筋トレのパフォーマンスを向上しませんか。

詳細は当クラブのHPのMIXフィットネスにも掲載しております。

興味のある方は気軽に体験してみてください。

 

asuka-sports.com

asuka-shinkyu@lapis.plala.or.jp

トレーナー兼コーチ 野島

 

この記事を書いた人

野島 竜一

あすか鍼灸整骨院/asukaトレーニングクラブ院長兼代表

1971年奈良生まれ、 トレーナー スポーツ外傷専門の治療家/体幹トレーニング専門のフィジカルトレーナー。アスリートから一般の方までに体幹トレーニングにより体が健康になる素晴らしさをブログで発信。

この記事を読んだ方は、他にこちらの記事も読んでいます。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。*が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)