女性トレーナーのダイエットトレーニング、体幹を意識して綺麗な身体のラインづくりを!!⑤

今日の投稿は北本からです。

これで5回目になります。

体幹を意識したダイエットトレーニング。

 

このお仕事を12年させて頂いております。

女性の場合、ただ筋肉をもりもりつけるというよりも

身体の内面を含めたトレーニング指導を行わせて頂いております。

 

どのような食材を食べることでトレーニングに効果があるのか、

また便秘や冷え症、肩こりなどの解消も含めたトレーニング指導をさせて

頂いております。

今日は身体のラインについてです。

身体のラインをとても重要ですね、まず自分の体型を理解しておくことが

重要です。そこからトレーニング内容を導いていきます。

どのようにして綺麗な身体のラインをつくるかは。

少しポイントがあります。

特に40代以上では体型が崩れやすく、基礎代謝も下がるために過度な食事制限などは

禁物です。栄養をきちんと補給してうるおいのあるお肌をキープしながら

ダイエットを行う必要があります。

 

筋トレもまずは先ほどものべましが、まずはご自身の体型を把握しましょう。

例えば、肩幅が狭い方では、下半身系のトレーニングを過度にすると

余計に下半身が強調されることになりかねません。

また、上半身が大きく下半身が細いかたでは、上半身のトレーニングに

重点的に行う必要があります。

 

それもまずは体幹の力をはかるところから入ります。

体幹部分はこのシリーズでもお話していますように、身体のエンジン的な部分になります。

この部分をおろそかにしたトレーニングは最終的に短期間しか身体の体型を維持することが出来ません。

 

まずは体幹部分の筋肉をしっかりと使いこなせることが大切です。

この筋力が強くなることで、その後の筋トレはスムーズに行うことが可能になります。

筋トレでいきなり重たい重量でのスクワットなどを行うと効果があるように

思われますが、どの部分であげているかがわからないスクワットは逆に危険だと思います。

ただしいフォームで自分の体幹部分特に、お腹、股関節、背部で地面を押している感覚が掴めないと

スクワットをおこなってもただ重たいものをあげているといったトレーニングになります。

 

まずは体幹部分を正しく使えるようになりましょう。特に女性で多いのが

腰の過度な伸展です。

腰が柔らかい為に過度に伸展(反った状態)でスクワットを

行う方は多いのです。しかし、これには2つ問題があります。

まず一つは腰を伸展するとお腹の圧が抜けていき、

風船の空気が抜けていくような感じになります。

腰はもともと反った形態の為、それ以上そるとお腹に力が入りません。

これではお腹のインナーマッスル群を使ったトレーニングがほとんど出来なく

太もも前面でスクワットを行うことになります。

その為大腿部の前側が過度に膨らむことになります。

 

ふたつめは腰がそることで、腰への影響が大きく、背部が脆弱になり

せっかく大きな筋肉である背筋を使えないままトレーニングを行うことになります。

その為背中が弱く、肩が巻き型などになり身体のラインが綺麗にとは言えない体型になります。

これでは筋トレを行ってもなかなか自分の思うような体型に近づけることは難しいかなぁと思います。

 

体幹を正しくトレーニングしてスクワットの時に腰を過度に伸展しないようなフォームをつくることが

身体の綺麗なラインづくりに。まずは自分でどの筋肉を使っているかの感覚が大切ですね。

 

是非、体幹を正しくトレーニングして綺麗なボデイラインをつくりませんか。

asuka-sports.com

トレーナー北本

 

この記事を書いた人

野島 竜一

あすか鍼灸整骨院/asukaトレーニングクラブ院長兼代表

1971年奈良生まれ、 トレーナー スポーツ外傷専門の治療家/体幹トレーニング専門のフィジカルトレーナー。アスリートから一般の方までに体幹トレーニングにより体が健康になる素晴らしさをブログで発信。

同じカテゴリーの記事を読む

この記事を読んだ方は、他にこちらの記事も読んでいます。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。*が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)