女性トレーナーのダイエットトレーニング、体幹を鍛えて姿勢筋を強化しよう!!②

今日は先週から始まりました、女性トレーナーによるダイエットトレーニング。

トレーナーの北本です。

今日は体幹を鍛えて姿勢筋を強化することがダイエットにどのようにつながると

いう内容です。

 

姿勢を維持するには、背部の筋が欠かせません。確かに体幹のインナーも当然重要です。

そのお話は先週させて頂きました。今日行うのは背筋、殿筋などの筋です。

特に臀部の筋にフォーカスをあてます。

 

臀部は特に大殿筋、中殿筋、小殿筋の3つから構成されています。

その中でも大殿筋をよく聞く筋です。しかし、これらの3つの筋を刺激することで更に

姿勢は安定することになります。

特に臀部のトレーニングでお薦めは

①②ヒップアップトレーニング

まずはお尻をあげるトレーニングです。しかし、この時に重要になるのは

ただお尻をあげるのではなく、お腹の腹圧を高めて行います。

特にお腹の力が抜けたヒップアップではなかなかお尻に効かせることは出来ません。

このトレーニングでは股関節を曲げる、伸ばすといったことを意識して下ろす時に

特に力を緩めないことがコツです。

よくお尻を下す時にいきなりドーンをお尻をさげるケースがあるのですが

それでは、腰への負担がますのでゆっくりとお腹の圧を抜かずに行いましょう。

 

③足の甲をつかったスクワット

写真③では足の裏を完全に地面につけていません。

このトレーニングでは、足裏の小指がわ以外が浮かせた状態で

スクワットを行います。このトレーニングで重要になるのは

足裏が地面に着かない状態でスクワットを行うことです。このことで

臀部の普段刺激されない小殿筋などを意識させることが出来ます。

 

④ヒップロックトレーニング

最後はヒップロックトレーニングです。歩きながら浮いている臀部を最大限もちあげます。

この時に重要になるのは支えている脚を伸ばしきることです。

膝などが伸びないと臀部を最大限あげることが出来ません。

このトレーニングでは支えている脚よりも浮いている脚、臀部が重要になります。

 

このような臀部を鍛えるメニューは様々な方向からの刺激をすることが重要です。

スクワットばかりやランジばかりでは行うメニューが単一的になり臀部の刺激を

行うことは難しくなります。

殿筋が安定し活性することで立位姿勢を大きく変化します。

特に女性では臀部から太もも裏のたるみを気にされる方が

多くおられます。

是非、臀部を効果的に刺激してトレーニングで引き締めしましょう。

そうすることで立位姿勢がとても変わります。

 

asuka-sports.com

asuka-shinkyu@lapis.plala.or.jp

 

 

この記事を書いた人

野島 竜一

あすか鍼灸整骨院/asukaトレーニングクラブ院長兼代表

1971年奈良生まれ、 トレーナー スポーツ外傷専門の治療家/体幹トレーニング専門のフィジカルトレーナー。アスリートから一般の方までに体幹トレーニングにより体が健康になる素晴らしさをブログで発信。

同じカテゴリーの記事を読む

この記事を読んだ方は、他にこちらの記事も読んでいます。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。*が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)