ダイエットトレーニング12週間プログラム 8週目 高質量のトレーニングを行いましょう!!

今日の投稿はダイエットトレーニング

12週間プログラム、8週目。高品質のトレーニングを行うです。

高品質のトレーニングを行うことで、筋トレでのダイエット効果は大きく変化し

時間を長時間かけずに済みます。

よくトレーニングを2時間とかやっていませんか。

長い時間トレーニングをすることはデメリットも多いのです。

長時間のトレーニングでは集中力の問題やトレーニングの内容が偏ったりします。

これはどうしても長い時間行うと休憩時間を過度にとったり

好きなメニューばかりを多くするために時間ばかりかかります。

 

しかし、週2日行うのであれば2時間は長いと思います。

トレーニングで重要になるには

①正しいフォーム

②速度

まではお話しました。

三番目は質の問題です。

例えばベンチで寝る、ベンチに座るトレーニングでは

関節の複合的なトレーニングをいうよりもパーツパーツを強化するメニューになります。

しかし、これが意外と長時間行う方に多いが現状です。

 

本来筋トレとは実際の生活や動作に近いものを行うことで日々の生活パフォーマンスを向上

させたり生活の運動レベルをあげれることになります。

結果、代謝や筋肉の使用頻度が増えダイエットを継続することが可能になるのです。

 

しかしベンチで寝る、座ることは生活ではそれほど多くはありません。

質量が少ないと当然、関節や筋の活動範囲が狭くなります。

これではダイエットには不向きになります。又短時間でトレーニングを御考えの方には

質は重要です。

質をあげるには、関節の運動範囲を多く使うことが重要です。

①背筋トレーニング

背筋を来るときにも、出来るだけ多くの関節を使う為には

写真①のように臀部を意識してまた、身体を前傾することで腹部にも力が入ります。

このようなトレーニングを行うことで関節を一度の運動で多く使い効率のいい

筋トレを行うことが出来ます。

 

トレーニングはただ行うだけではダイエットには結びつきません。

いかに効率のいい効果的な運動を行うかが重要です。又、運動する関節の可動性を

大きく使うトレーニングほどカロリー消費は大きくなります。

②③④スラスター

写真②③④はスラスターと呼ばれるメニューです。

スクワットと肩のトレーニングを一緒に行います。

とてもハードなメニューです。しかし、このトレーニングでは肩、臀部、太ももだけでなく

身体を引き伸ばす時に腹部やふくらはぎなど多くの筋や関節を活動させています。

そうすることで回数や負荷がすくなくともトレーニングとしては

スクワットの姿勢を維持しながらジャンプ動作のようなスピードで行いショルダープレスを

行うので大きな負荷が身体に常時かかります。

これが短時間でおこなえる質の高いメニューになります。

 

このようなメニューなら時間を大幅に減らし40分程度もとても質の高いトレーニングを

行い尚且つ大きなエネルギーを発揮することが可能になります。

 

是非、ダイエットトレーニング12週間プログラムで身体を引き締めていきましょう!!

asuka-sports.com

asuka-shinkyu@lapis.plala.or.jp

トレーナー兼コーチ 野島

 

この記事を書いた人

野島 竜一

あすか鍼灸整骨院/asukaトレーニングクラブ院長兼代表

1971年奈良生まれ、 トレーナー スポーツ外傷専門の治療家/体幹トレーニング専門のフィジカルトレーナー。アスリートから一般の方までに体幹トレーニングにより体が健康になる素晴らしさをブログで発信。

この記事を読んだ方は、他にこちらの記事も読んでいます。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。*が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)