ダイエットトレーニング12週間プログラム 7週目 フォームを安定させてスピードをあげよう!!

今日の投稿はダイエット12週間プログラム、7週目フォームを安定させて

スピードを向上させよう!!

 

筋トレではフォームが一番重要になります。このフォームが7週目おおよそ2カ月で安定しだしてきます。

安定すると、今度は重りを向上させたい所ですが、重りのことよりもスピードを向上させることに

ターゲットをあてましょう。

そうすることで、筋トレでのダイエットをより効率よく行うことが出来ます。

筋トレではまず、フォームを安定させることが肝心です。

しかし、そのフォームを完成させたらスピードを意識することをおすすめします。

筋トレで重要になるのはパワー発揮能力です。

これは重さ×速さが必要です。

しかし、重さは簡単にあげれますが、スピードを向上させることは簡単ではありません。

 

何故ならスピードは普段の生活で40代くらいからどんどん遅いスピードになります。

これは筋の伸張能力が弱くなる為、ジャンプや速く動くことが苦手になります。

当然、その影響は筋トレの時にも大きく影響します。

スピードが遅いと例え重量をあげてもパワー発揮能力は低くダイエットには向きません。

 

例えばスクワット20kgをスピードを2秒間で降りて上がるのと

50kgをスピードを5秒間で降りて上がるのではスピードは2,5倍違います。

これでは50kgを10回あげるのと、20kgを10回あげるのと結果的には同じになります。

でも50kgを10回あげるの結構厳しいかもしれません。

 

では軽い重量でも速さを求めたほうが効率的にはいいと思います。

特に私が推奨するのはスクワットではダブルスクワットといい、

①②ダブルスクワットフォーム

完全にしゃがんだ状態からクウォーターの位置であがってきます。その後また完全にしゃがんだ位置まで降ります。

これを2回を1セットで行います。素早くこのクウォーターの位置まで

もってくることで速さを求めれることになります。

 

これは他のベンチプレスはブルガリアンスクワットでも応用することが出来ます。

完全に伸びあがると時間がかかります。ダブルで行うことで1回でスピードを挙げて

行いあ2回目で完全に伸展していきます。

この方法は非常に時間的な効率とフォームが崩れにくいというメリットがあります。

どうしても完全に1回1回伸展しようとするとフォームが崩れたり時間を要することに

なりかねません。

ダブルで行い、完全な位置から4分の1程度の所で更に屈曲していきます。

これで速さとフォームを安定させて行うことが可能になります。

是非、12週間プログラムダイエットスピードを意識してやってみましょう。

 

速さを求めることで身体を更に引き締めることになりますよ。

ダイエットのことでお悩みの方是非12週間プログラムをお薦めします。

asuka-junior.com

asuka-sports.com

asuka-shinkyu@lapis.plala.or.jp

トレーナー兼コーチ 野島

 

この記事を書いた人

野島 竜一

あすか鍼灸整骨院/asukaトレーニングクラブ院長兼代表

1971年奈良生まれ、 トレーナー スポーツ外傷専門の治療家/体幹トレーニング専門のフィジカルトレーナー。アスリートから一般の方までに体幹トレーニングにより体が健康になる素晴らしさをブログで発信。

この記事を読んだ方は、他にこちらの記事も読んでいます。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。*が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)