ダイエット12週間プログラム、2週目 胸椎と呼吸が整い始める時期!!

ダイエット企画 12週間プログラムです。

今日から2週目の後半です。トレーニングで背筋、胸椎への意識、又

股関節のヒンジの意識が随分高まりました。

そして今後は連動動作と一つ一つの意識が高まり動作が連動性が高まります。

 

1週目では、身体の動作を軽い負荷で確認。

2週目も基本は同じ、そして3週目までも負荷は基本あげません。

ただ、胸椎を意識する時に、肋骨がフレアにならない(肋骨が上がり下がらないこと)

事を意識する為には呼吸の意識も少し必要になる。

 

①② 肋骨を下げるトレーニング

 

写真では肋骨を下げるトレーニングです。

このトレーニングでは腰を地面から離さない、しかし、胸椎を伸展することを

意識しております。この時に重要になるのは呼吸で自分の肋骨が骨盤方向に下がる意識を

持つことです。

トレーニングでのレベル向上には体幹部分のコントロールはとても重要です。

このコントロールが出来ないと現実的にはダイエットでの効果を長期的に見た時にあがってきません。

 

呼吸で正しく肋骨を下げる意識があると、スクワット、ランジなどのトレーニングがもっと楽に

出来ます。しかし、この肋骨部分が下がっていない状態でのトレーニングは効果をあがるにはとても

時間がかかります。

関節の柔軟性や筋力の筋発揮にはかならず、エネルギーを送りこむことが必須です。

それが呼吸です、呼吸が正しく使えていない中でもトレーニングは効果も半減になります。

この2週目からのトレーニングでは、その部分に意識をもっと高めましょう。

そうすることで更に自分のトレーニング自体のパフォーマンスをあげることになります。

 

③④横隔膜のトレーニング

横隔膜へのアプローチは重要です。、この筋がうまく作動しないと肋骨に

大きな影響を与えます。写真③④では、横隔膜へのアプローチをしております。

先ほどと同じで今度は胸椎伸展、腰部は伸展しない状態で

脚を入れ替えていきます。このトレーニングで横隔膜が正常に動くことになれば

背部へのトレーニングでの効果は更に高まります。

トレーニング12週プログラム 2週目~3週目に入ります。

細かい所ですがしっかりと呼吸の部分を意識してトレーニングしてみましょう。

 

12週間プログラムで是非、自分の身体を整えていきましょう。

そうすればダイエット効果もあがりますよ。

asuka-sports.com

asuka-shinkyu@lapais.plala.or.jp

 

トレーナー兼コーチ 野島

 

この記事を書いた人

野島 竜一

あすか鍼灸整骨院/asukaトレーニングクラブ院長兼代表

1971年奈良生まれ、 トレーナー スポーツ外傷専門の治療家/体幹トレーニング専門のフィジカルトレーナー。アスリートから一般の方までに体幹トレーニングにより体が健康になる素晴らしさをブログで発信。

同じカテゴリーの記事を読む

この記事を読んだ方は、他にこちらの記事も読んでいます。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。*が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)