ダイエットトレーニング12週間プログラム 6週目 身体の横の筋を鍛えよう!!

ダイエット12週間プログラム今日は身体の横に筋を鍛えましょう。

トレーニングでは何かと身体の前面や後面ばかりにトレーニングが

集中してしまいます。

しかし、本来は横にある筋も鍛えることが肝心になります。

横は特にお腹の部分、背筋、臀部があります。

 

特に臀部の中殿筋、お腹の腹斜筋などをイメージすることが重要です。

特に中殿筋は身体を支える上で重要な筋肉の為しっかりとトレーニングすることが

必要になります。

 

①中殿筋の強化トレーニング

中殿筋は歩行や立ち上がる動作の時に自分の身体が外側に倒れないように

する為の筋肉です。

しかし、この筋はアプローチするのが難しい為に筋トレでも見逃されていることが

少なくありません。しっかりとイメージしないとほとんど普段の筋トレではアプローチが難しいのです。

それは、中殿筋は本来脚を外転といって外側に押し出すような働きをしています。

しかし、本来に動きは日常ですることはほとんどなく、どちらかというと脚を外に向かないように

地面を方向に押し出す風に使われます。

写真①ではこの時中殿筋を使用しているのは向かって右側の左臀部を内側に押し込んで

身体が外側に傾かないようにしています。

写真では静止していますが実際にこれをうごきながら交互に行っていきます。

そして棒でクリアできるようになれば、棒ではなく5kgのプレートを持ちあがておこなったり

していきます。

 

②中殿筋トレーニング

写真②では中殿筋のトレーニング風景です。

中殿筋を強化する為に片足で支えるトレーニングをおこなっています。

このトレーニングでは出来るだけ中殿筋を意識して行うことをモットーにしております。

片足で支える筋力を養うことで両足で行うスクワットやデッドリフトがかなり楽に

行うことが可能です。しっかりと意識して行いましょう。

 

中殿筋が強化されることで身体を支える能力が強化されます。

身体を支えることができることで、トレーニングの幅は大きく広がりトレーニングの

効果もあがります。

是非、中殿筋の強化を行ってみませんか。

 

ダイエットトレーニングを本格的に始めたい、もう少しダイエットをしっかりと行いたいとお思いの方は

気軽にお問い合わせください。

 

asuka-sports.com

asuka-shinkyu@lapis.plala.or.jp

トレーナー兼コーチ 野島

 

 

この記事を書いた人

野島 竜一

あすか鍼灸整骨院/asukaトレーニングクラブ院長兼代表

1971年奈良生まれ、 トレーナー スポーツ外傷専門の治療家/体幹トレーニング専門のフィジカルトレーナー。アスリートから一般の方までに体幹トレーニングにより体が健康になる素晴らしさをブログで発信。

同じカテゴリーの記事を読む

この記事を読んだ方は、他にこちらの記事も読んでいます。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。*が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)