ダイエットと健康な身体をつくるトレーニング、動ける身体をつくりませんか。

今日はダイエットと健康な身体をつくるトレーニング方法についてです。

よく、自分でトレーニングをしているがなかなか効果が表れない。

年々自分の身体が思うように動かない、など。様々なご意見をお聞きします。

しかし、これらは、年齢だけの問題ではありません。

トレーニングの強化ポイントにも問題があります。

 

ダイエットで筋力トレーニングはランニングを行う方は年々増加しております。

とてもいいことだと思います。身体を動かし健康な身体をつくることは。

しかし、方法が間違っていたりすると効果がなかなかでませんし、長時間のランニングで

怪我をすることも少なくありません。

まず、ダイエットと健康的な身体づくりをセットで考えましょう。痩せるだけで

動ける身体であると更にベストではありませんか。

ダイエットで大きなポイントは背部にあります。この背部をどれだけ意識出来るか。そして

もう一つ臀部の意識です。ここが意識出来ていないとダイエットを成功することは

難しく健康的な身体にも影響します。

 

まずダイエットで大きな誤解があるのが、高頻度に高い負荷をかければ痩せる、

長時間トレーニングを行えば痩せるというのは全てが間違いではありませんが、

内容が問題です。

例えば、トレーニングメニューの王様ともいえるスクワット。

①スクワット

このスクワットを本当に正しく正確に行っているでしょうか。

答えはNoです。

スクワットを正確に行うには、下半身の力だけではないのです。

背筋、臀部、この2つが正確に作動しないとスクワットで大きな効果を出すことは出来ません。

身体の仕組みとして脊柱はs字状になりこのs字状で胸椎の部分が唯一伸展を出来る大きな関節であります。

この部分の意識を保つのは、なかなか簡単ではありません。

もともと身体は前方に倒れやすい構造です。後方に倒れることは本能的にしません。脳を守るために。

前方に倒れていることは生活のほとんどです、ですから胸椎は伸展することは生活ではありません。

自分で意識して行うことが出来ないと。

 

この背中の意識を行うには肩甲骨が下がる、寄る意識が必要になります。これを可能にするのが

背筋系トレーニングなのです。

② 片足で背部を支えるトレーニング。

写真②では片足で地面を支え、背部を支えているトレーニングです。このトレーニングでは背部の

力が抜けることで体幹が不安定になり片足で支えることは出来ません。

いわば脚で支えるというより、背部で支えているといっても過言ではありません。

このように、背部を強化することで身体を支えることができるのです。

では話をスクワットに戻します。背部が安定しないとスクワットの時も身体のバランスを崩し

太もも前面にしか負荷がこない、なかなか重さがあげられないなどの現象が起きるのです。

 

又、臀部の筋を強化することは、背部がイメージすることで臀部にも力が入ります。

しかし、背部に意識が弱いと臀部への意識を強くすることは出来ません。

臀部の筋を強化することはとても重要です。腰痛予防や臀部を鍛えることで美尻と言われる

お尻が上がる効果もあります。

 

また、臀部強化を行うことで股関節に付着している筋を強化することが出来

臀部強化は下半身強化に必須です。臀部を強くすることは、歩行、階段などをあがる時に

自分の能力向上にもつながります。

是非、背部、臀部を正しいフォームで行いませんか。

回数や負荷を考えるより、まずは正しいフォームで少ない回数でもいいので

行うことがダイエット、健康な身体づくりの基礎となります。

気軽にお問い合わせください。

 

asuka-sports.com

asuka-shinkyu@lapis.plala.or.jp

トレーナー兼コーチ 野島

 

 

この記事を書いた人

野島 竜一

あすか鍼灸整骨院/asukaトレーニングクラブ院長兼代表

1971年奈良生まれ、 トレーナー スポーツ外傷専門の治療家/体幹トレーニング専門のフィジカルトレーナー。アスリートから一般の方までに体幹トレーニングにより体が健康になる素晴らしさをブログで発信。

同じカテゴリーの記事を読む

この記事を読んだ方は、他にこちらの記事も読んでいます。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。*が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)