ダイエットトレーニングで効果的なトレーニング方法。 背筋を鍛えよう!!

今日の投稿はダイエットに効果的なトレーニング方法です。

ダイエットを運動などこ行い進めることは健康の面からでもお薦めです。

食事だけではなく、運動をしっかりと行うことが重要です。

では、どのようなトレーニングを行う必要があるのか。以前スクワットの重要性を

説明させて頂いたと思います。

 

今日は、背筋の凄さ、大切さについてです。

筋トレを行う上で、もっとも重要になるには体幹です。この部分についてが

来週お話させて頂きたいと思います。

次に重要になるのが関節の可動性と強度です。このことは以前スクワットで時にお話させて頂きました。

では、次に重要になるのは、背部の筋になります。現実的には身体の後面の筋には背部→臀部→ハムストがあります。

この身体の後方にある筋は姿勢を維持する筋と言われています。

 

この姿勢維持筋を強くすることで、トレーニングの強度は大きく変化します。

①背部の筋

背部はとても大きな筋群で覆われています。

それも腕~臀部にまでつながる大きな範囲で。この

背筋は全ての筋トレで活用することになります。逆に言えば、背筋が強いことが

筋トレのレベルや強度を向上させることにもなります。スクワット、デッドリフト、スクワットすべて

背筋も強度は大きく影響すると言われています。

背筋には特に深層筋として多裂筋があります図1参照、この筋が脆弱な方は

肩こり、腰痛、ひざの痛みにも大きな影響をあたえます。

また胸腰椎移行部の筋は状態を伸展する大切な筋です。この部分が脆弱になると

胸椎の伸展や腕をあげる動作にも大きな影響をあたえます。

この多裂筋が弱いのに腹筋動作を繰り返す行うことで背部が姿勢を支えれなくなる為に

腰の痛みを発症することが少なくありません。

また、肩甲骨周りには脂肪の代謝に関わる部分がある為、多裂筋が弱いと刺激もよわく

脂肪の代謝に大きく影響しやすにくい体質になりかねません。

 

 

②ロー

③ラットプルダウン

写真②や③のような背筋は同じような動作に見えますが、垂直系のプルと、平行系プルに分かれます。

どちらも必要です。偏ったトレーニングより混ぜて行うことで背部の広がりと厚みに影響します。

しかし、どちらも多裂筋が強いことでこの②③の姿勢を維持できるのです。

 

④多裂筋トレーニング

写真④では臀部壁を押し腹腔内圧を高めより多裂筋への刺激を大きくしてのトレーニングです。

このような背筋をインナーマッスルから強化することで、筋トレでのダイエット効果を大きく変えることが

出来ます。

背筋を正しく鍛えることでその後の筋トレもスムーズに強度を向上させれるので

ダイエット、引き締め効果を大きく出すことが出来ます。

 

是非、背筋を鍛えてみませんか。

 

学園前店

奈良本店

でダイエットトレーニング行っております。

 

asuka-sports.com

asuka-junior.com

asuka-shinkyu@lapis.plala.or.jp

トレーナー兼コーチ 野島

 

 

この記事を書いた人

野島 竜一

あすか鍼灸整骨院/asukaトレーニングクラブ院長兼代表

1971年奈良生まれ、 トレーナー スポーツ外傷専門の治療家/体幹トレーニング専門のフィジカルトレーナー。アスリートから一般の方までに体幹トレーニングにより体が健康になる素晴らしさをブログで発信。

同じカテゴリーの記事を読む

この記事を読んだ方は、他にこちらの記事も読んでいます。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。*が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)