自分を磨く、美しくなるトレーニング方法、女性トレーナーの視点からお届けします!

今日は女性トレーナーの観点から自分を磨く美しなるトレーニング方法を

お届けしたいと思います。トレーナーの棚橋ゆかりです。

身体は常に新陳代謝が行われています。

その他血流障害やむくみやすい方はどうしても肌がくすんだりしてしまいます。

また、代謝があがりにくいとむくむやすい体質になり排泄物も出にくくなり

吹き出ものやお肌にも影響します。

身体が硬く汗もかきにくいと内面の水分が外にでないために

肌つやがあまりよくない状態が続きます。

これではなかなか綺麗に内面、外面ともには難しい。

それを解消するには、運動で代謝をあげ、成長ホルモンを出して

汗をかき新陳代謝あげることがカギになります。

 

しっかりと汗をかき水分補給を心掛けましょう

代謝を向上させるには水分を正しく補給することが重要です。

例えばスクワットを30回するならウェイトで10回 休息水分補給 10回 休息水分補給といった形で

水分を必ず休憩事に補給することが重要です。

 

トレーニングではそのくらい大きなエネルギーを消費しています。

水分は体のエネルギー源です。トレーニングしているのに水分をとらないのは危険な

行為です。

血液もドロドロになり肌の艶などに大きく影響します。

水分を補給することで汗も綺麗になってきます。

トレーニングではメニューの正しいフォームと同じくらい

水分補給は重要です。

 

水分を補給することで身体の内面から排泄物を出すことになります。

 

 

成長ホルモンを高めて若々しい肌を!

運動を行う人は見た目も運動を行わない人より若く見えるといったことをよく

聞きます。これは嘘ではありません。

運動を行うことで身体の代謝がよくなり肌艶は確実に年齢よりも若くみえます。

 

女優さんなどが若く綺麗に見えるのは、運動で自分自身を鍛えていることも

関係しています。

特に、現代では役のために様々なトレーニングを普段からされておられます。

運動は体の代謝を促進するだけでなく、成長ホルモンを分泌することで

見た目も若く見えます。

それくらい肌艶に大きく影響します。

 

また当クラブでも行っているインターバルトレーニングでは

アンチエイジング効果を促進させる効果があるといわれています。

インターバルトレーニングでは筋トレだけのトレーニングよりも肺機能、心臓と血液の循環系にも

良い効果を及ぼしているとのことです。

様々な論文等でも紹介されておられています。

 

インターバルトレーニングとは、筋トレと有酸素系トレーニングを交互に行うトレーニングの

ことをいいます。または様々な違う種類のメニューを一定の時間で次々に行うメニューです。

(ただしマシーントレーニングのみはこれに該当しません。)

このインターバルトレーニングを行うことで高強度のトレーニングを短時間で行うことが

可能になります。

 

綺麗になるには、水分補給と成長ホルモンのなどのホルモン分泌がカギです。

是非、内面も外面も美しくなるためのトレーニングをおこなってみませんか。

 

今日のブログ担当は棚橋ゆかりでした。

asuka-sports.com

asuka-shinkyu@lapis.plala.or.jp

ボディメイキングスタジオ asuka

 

 

 

この記事を書いた人

野島 竜一

あすか鍼灸整骨院/asukaトレーニングクラブ院長兼代表

1971年奈良生まれ、 トレーナー スポーツ外傷専門の治療家/体幹トレーニング専門のフィジカルトレーナー。アスリートから一般の方までに体幹トレーニングにより体が健康になる素晴らしさをブログで発信。

同じカテゴリーの記事を読む

この記事を読んだ方は、他にこちらの記事も読んでいます。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。*が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)