メンズダイエット、胸部を鍛えてかっこいい身体をつくりましょう!!

今日の投稿は、メンズダイエット、身体引き締めについてです。

男性でのご相談の多いのが、胸部のボリュームアップです。

どうしても年々、お腹と胸が下がる傾向にあります。これは、前面にある筋は

重力の抵抗を受けやすく下を向く習慣が多い為に、胸部も下方にながることが少なくありません。

この胸部をかっよく引き締めるトレーニング方法を今日はご紹介していきたいと思います。

 

胸部のトレーニングで有効的なメニューとして、ベンチプレスや

ダンベルプレスがあります。両方とも胸部を強化するには最適のトレーニングメニューです。

しかし、なかなかこの胸筋を鍛えるには、コツがあります。

胸部のトレーニングでは重さにこだわるよりも速さにこだわることを

お薦めします。胸部をかっこよく引き締めるにはある程度回数も重要になります。

①ベンチプレス

写真のように胸にバーがつくギリギリまで下ろします。

しかし、重量があがるとどうしても、重りをあがれないことを想定して胸よりもかなり

上方の位置でバーをあげるようになります。

 

しかし、これでは、胸部への刺激が少なく肩や腕への負担のみが大きくなります。

筋肉を引き締めアスリートのような身体をつくるには、重さよも重要ですがより速さが

重要になります。写真①の位置からどれだけ速くバーをあげれるか。

速くあげるには、最大限バーをおろし胸部の伸展をつくり大胸筋等を伸張させることが

重要になります。

伸張させて、速くあげる。このトレーニング方法で行うには更に、回数が鍵になります。

通常は10回程度を行うのですが、限界に近い形を行うことでより

強い伸張を行うことが出来ます。出来れば30回程度を5~8セットを

最大MAXの30%程度の重さで行ってほしいです。

この重さを行うことで、胸部を最大限下ろすことが可能になります。

 

アスリートの胸部はとても引き締まっています。

サッカーや陸上の選手はとくに。これは速さを求める競技ですので

非常に引き締まった胸部をつくることになります。

②引き締まった胸部

写真②のような身体は高重量を少ない回数で行うトレーニングというよりも

速さを求めるトレーニングでつくることが出来ます。

男性ではどうしても、重さを求めることがありますが胸までバーを正しく下ろせない場合は

胸を引き締めることはなかなか出来ません。

 

是非、速さにこだわる胸部トレーニングでアスリートのような身体をつくりませんか。

asuka-sports.com

asuka-shinkyu@lapis.plala.or.jp

トレーナー兼コーチ 野島

 

 

この記事を書いた人

野島 竜一

あすか鍼灸整骨院/asukaトレーニングクラブ院長兼代表

1971年奈良生まれ、 トレーナー スポーツ外傷専門の治療家/体幹トレーニング専門のフィジカルトレーナー。アスリートから一般の方までに体幹トレーニングにより体が健康になる素晴らしさをブログで発信。

同じカテゴリーの記事を読む

この記事を読んだ方は、他にこちらの記事も読んでいます。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。*が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)