MIXフィットネスでダイエット、身体引き締め実践編 スクワットを頑張ろう!!

ダイエット、引き締めに効果的なトレーニングメニューありますと

よく聞かれます。確かに腹筋などもお腹を凹ませるのに有効な手段です。

しかし、私がお薦めするのは、スクワットです。

スクワットは種類も豊富でバリエーションを変換すれば、全身を鍛えることができる

トレーニングです。

 

スクワットで重要になるのは、脊柱のアライメントです。

このアライメントを維持するには腹圧がとても重要になります。アライメントが崩れると

実際にはなかなかダイエットや身体の引き締めは難しくなります。

スクワットではこの脊柱のアライメントを維持するのにとても効果的な動作行為と言えます。

スクワットは日常では椅子に座る立つ、階段の上り降りなどスクワットの変形バーションと言えます。

 

スクワットとは簡単に説明しますと

 

①スクワット

しゃがむときに重要になるには、足首、股関節の可動域と一番下で止まる時に

脊柱のアライメントが崩れていないかが問題です。

スクワットが綺麗にできることは立つ→座る、 階段上る→降りるなどの

昇降動作を正しくできることになります。

1日昇降運動は100回以上あります。この100回を効率よく行うことで身体の基礎的な代謝能力も

あがります。

 

②フロントスクワット

③バックスクワット

④ブルガリアンスクワット

写真②③④ではフロントスクワット、バックスクワット、ブルガリアンスクワットなどが

あり、用途や鍛える筋肉も少し異なります。

これらのスクワットだけでなく、様々なスクワットに関連するメニューが存在します。

これらのメニューでは脊柱を安定させながら、腹部によりウェイトを置く形、また背筋にウェイトを

重く置く形、臀部により重くウェイトを置く形などがあります。

フォームにより強化ポイントは異なりますが、股関節の可動域、脊柱のアライメントは

どのメニューにでも必要になります。

しかし、ダイエットや引き締めで沢山のメニューを行うことより、1つのメニューでも鍛える強化ポイントが

異なる方が身体へ様々な刺激を加えることになります。トレーニングはスクワットに始まりスクワットに終わるほど

重要なメニューです。本気で身体を引き締めるには、正しいフォームを覚えより効率のいい動作でトレーニングを

することです。

 

先ほどもお伝えしましたが、背筋、腹筋、殿筋を強化することができるメニューです。

このスクワットを制することは、様々な筋を活性することに繋がります。

身体を引き締めたい方は是非、スクワットを毎日自重で様々なパターンを練習しましょう。

下半身は見る見るうちに引き締まってきますよ。

 

それだけスクワットには身体の代謝を向上させるメニューと言えます。

ダイエット、痩身のことでお悩みの方気軽にお問い合わせください。

 

asuka-sports.com

asuka-shinkyu@lapis.plala.or.jp

トレーナー兼コーチ 野島

 

 

 

この記事を書いた人

野島 竜一

あすか鍼灸整骨院/asukaトレーニングクラブ院長兼代表

1971年奈良生まれ、 トレーナー スポーツ外傷専門の治療家/体幹トレーニング専門のフィジカルトレーナー。アスリートから一般の方までに体幹トレーニングにより体が健康になる素晴らしさをブログで発信。

同じカテゴリーの記事を読む

この記事を読んだ方は、他にこちらの記事も読んでいます。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。*が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)