タグラグビーでの守備能力をあげる練習方法とは、パワーポジションを繰り返す。

今日はタグラグビーの守備についての投稿です。

当クラブではタグラグビーの専属チームを有しています。

全国大会、強いてはサントリーカップ出場と上位入賞を目指すべき

チームをたちあげました。

 

タグラグビーでは攻撃のスキルもとても重要ですが、同じくらい守備能力も

重要です。特にタグラグビーでは接触プレーが禁止されています。

ですのでタグをいかにとるか、そして相手のプレーをいかに止めるか。

タッチラインに押し出すかが重要になります。

 

この時に特に重要になるのは、構える姿勢になります。

多くの選手は

身体の体重がつま先にあったり、踵にあったりします。

これはどちらも動きにくい姿勢になります。

①パワーポジション

 

写真①ではパワーポジションで構えている所です。

体重は足の真ん中です。真ん中でないと重心が安定しません。

そして股関節が曲がり、膝はリラックスしたポジションになります。

地面をお尻で押している感覚が必要になります。

この姿勢を常に守備の時に取り続けることが重要です。

立位姿勢になったり、体重が前方に傾かない、後方にのらないことが

重要になります。

 

このパワーポジションを保ちながら横方向へ進む練習が必要です。

しかし、横方向へ進む時には進行方向の反対側の脚で地面を押しながら

進みます。これが出来れば、前、後ろ、横、斜めと様々な方向で進む

練習が守備上達には重要になります。

 

またタグをとるだけでなく、相手のプレーを封じ込めることは

タグラグビーでは重要です。このパワーポジションをつくりながら

守備につき相手が横に移動しても一定の距離をもって動くことで

前方に進むことが出来ず、横に移動しつづけることになります。

そうなるとタッチラインに近づき攻撃がやりにくくなります。

 

守備で相手を追い込むには守備が1人で相手を複数マークすることが

可能になれば、相手の攻撃を防ぐことになります。

相手のタグをとるだけでなく、ミスを誘うにはいかに相手に攻撃させないことです。

攻撃を封じこめるには、縦に進まさないことが重要です。

いかに、横方向か後方に移動させるか。その為にもパワーポジションでいつでも

移動できる練習を行うことが守備には重要になります。

 

パワーポジションで素早く移動できるトレーニングとして

紙風船を手にもち移動します。紙風船

がつぶれると、なかなか移動するのが遅いかもしれません。

しっかりと移動を行うにも体幹で身体を維持することが重要です。

そして重心は足の真ん中です。

是非、練習してみてください。

 

ラグビー、タグラグビーの体験等も随時行っております。

asuka-sports.com

asuka-shinkyu@lapis.plala.or.jp

 

トレーナー兼コーチ 野島

 

 

 

この記事を書いた人

野島 竜一

あすか鍼灸整骨院/asukaトレーニングクラブ院長兼代表

1971年奈良生まれ、 トレーナー スポーツ外傷専門の治療家/体幹トレーニング専門のフィジカルトレーナー。アスリートから一般の方までに体幹トレーニングにより体が健康になる素晴らしさをブログで発信。

同じカテゴリーの記事を読む

この記事を読んだ方は、他にこちらの記事も読んでいます。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。*が付いている欄は必須項目です