サッカー、ラグビーでボールをもらう時にスピードを落とさずに動くトレーニング!!

サッカーやラグビーでは出来るだけボールをもらう際にスピードを落とさずに動くことが

重要です。

ボールをもうう時についついスピードがとまりトップスピードに載れない

というご相談少なくありません。

 

これはボールをもうら際にボールを落とすことや

どうしても目のまえにボールがくることで一瞬スピードを落として

動くことがすくなくありません。しかし、ボールもうら際にブレーキングを

かけてしまうとせっかくトップスピードで動けるのが、一瞬のうちに相手に追いつかれる

ことになります。

その為にどのようにしてトップスピードで動くかをトレーニングすることで

試合中にボールをもらう瞬間にトップスピードで動けることになるのです。

 

トップスピードでボールをもらうには、自分の姿勢が大きく影響します。

ボールをもらう瞬間に姿勢が高いと、ボールをもらう瞬間に姿勢が後方に一瞬

のけぞることがあります。

しかし、姿勢が低く股関節に体重がのっていると

ボールをもらう時に姿勢が後方に移動することはありません。

①低い姿勢での走るトレーニング

 

低い姿勢でのスタート練習をまず行います。

この練習を行うのは頭が自分の前方のつま先よりも前に位置することが

重要です。

そうすることでボールをもらう時に体重が股関節にのりやすくなります。

体重は常に足裏から股関節部分の体重がのることで強い力を地面に伝えることが

できるのです。

このトレーニングを行い姿勢がとれるようになると

次は走りながらボールをもらえるようにします。

スタートと同じ姿勢でボールをもらうには頭が自分の前方のつま先よりも

前にあることが鍵になります。

 

頭が後方にあるとどうしても重心が前方でははなく後方にあり、

どうしてもブレーキング動作に繋がってしまいます。

 

競技ではトップスピードでボールをもらうことが重要です。

いかに自分のスピードを落とさずに動くことが競技では重要です。

しっかりとボールをもらえる姿勢づくりをトレーニングで行うことで

ボールをもらう瞬間にスピードを落とさずに動けることに繋がります。

 

ボールをもらう瞬間にスピードを落とさずに動きたいとお思いの

親御様、選手の方気軽にお問い合わせください。

 

asuka-sports.com

asuka-shinkyu@lapis.plala.or.jp

 

トレーナー兼コーチ

この記事を書いた人

野島 竜一

あすか鍼灸整骨院/asukaトレーニングクラブ院長兼代表

1971年奈良生まれ、 トレーナー スポーツ外傷専門の治療家/体幹トレーニング専門のフィジカルトレーナー。アスリートから一般の方までに体幹トレーニングにより体が健康になる素晴らしさをブログで発信。

同じカテゴリーの記事を読む

この記事を読んだ方は、他にこちらの記事も読んでいます。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。*が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)