速く走る為のスピードトレーニング、小学生サッカーで切り返し動さで速く走るには!! クロスオーバーステップを覚えよう。

サッカーで速く走る為のスピードトレーニング、速く走るためのスピードトレーニング。

サッカーでは切り返す動さがとても多く存在します。特にターンオーバーと言われる攻守の

時に。

このターンオーバーに対応するにはある特定の動きが必要になります。

一つはステップ動作、この動作の特徴は左右どちらにも対応できる切り返し動さですが、

地面を押す力が弱い為、一歩目の動きの位置は小さくなり、相手に素早く追いつくにはあまり向いていない

かもしれません。ただ、どちらにも対応できる為、相手の間合いを詰めるような動作には向いています。

 

次にクロスオーバーと言われる動作。これは一方向しか動くことができません。

このクロスオーバーでは左右どちらかに動くことを想定する必要があります。

そのかわり、かなり最初の動きとして数メートル動くことができるために、相手にいち早く追いつくことが

可能になります。

 

このクロスオーバーステップを習得することでスタート時の動きから5mくらいまでのスピードは

各段あがります。

このクロスオーバーステップを今日はお届けしていきたいと思います。

特に、このクロスオーバーステップでは体重のかけ方と動きに特徴があります。

①クロスオーバーステップからの動き。

クロスオーバーからの動きとしてまず、自分の体重は進行方向に全てをかける必要があります。

この写真①の場合なら右脚に。そして姿勢ですね、低い姿勢からの動きだしが必要です。

動く際に姿勢が高いと体重を前脚に乗せることが出来ず、この後の後ろ脚が前方にいきにくくなります。

 

このクロスオーバーステップを習得する上ではこの姿勢を維持できる体幹は必須になります。

次に左脚をクロスして前方に進むのですが、前方というよりも斜め前方に脚はあがっていきます。

そして前脚で生みこんだ力を活かして後ろ足が前に進みます。

これがクロスオーバーステップなのですが、一番難しいのはこの脚がクロスするときに膝が前方に向き続けないと

クロスした脚があまり遠くに位置しない為にクロスオーバーステップの効果は半減します。

②クロスオーバーステップからの動き

 

写真②ではクロスオーバーからのスタート風景です。

左脚がクロスして前に進んでいます。

しかし、このときに本当であれば、もう少し膝の位置が前方に向いてほしいですね。

そうすることで進行方向に更に進むことになります。

このクロスオーバーステップを覚えることで今迄届かない相手にでも

すぐに追いつくことが可能です。しかし、身体の使い方を正しく習得して

サッカーで活かせるようになるとDFではかなり有効的な動きになると思います。

 

サッカーで速く相手に追いつくにはとお考えの親御様、気軽にお問い合わせください。

asuka-junior.com

トレーナー兼コーチ 野島

 

この記事を書いた人

野島 竜一

あすか鍼灸整骨院/asukaトレーニングクラブ院長兼代表

1971年奈良生まれ、 トレーナー スポーツ外傷専門の治療家/体幹トレーニング専門のフィジカルトレーナー。アスリートから一般の方までに体幹トレーニングにより体が健康になる素晴らしさをブログで発信。

この記事を読んだ方は、他にこちらの記事も読んでいます。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。*が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)