サッカー、ラグビーで相手にディフェンスを行う為のトレーニングとは。

サッカー、ラグビーでの相手のディフェンスを行う為のトレーニングについてです。

ディフェンスを行うには、重要なことが2つあります。

①自分のボデイバランスを保ちながら止まること

②止まる時にジョッキング動作を入れること

 

この2点が必要になります。

この動作があることで、止まることが可能になります。

止まることは相手の攻撃を止める為にはとても重要です。相手を止める際に

自分のバランスが片方にのっていると相手の切り返し動作に対応できなくなります。

又、自分が相手のスピードに対応するには急に止めるのではなく予備動作が必要になります。

 

この2点をトレーニングすることで、相手の攻撃を止める手段になります。

ボデイバランスを保つには、不安定な要素な状態でのトレーニングが必要になります。

ラグビーなどではウォーターバッグをもって走ったりします。これはバックの水が走る時に

揺れます。それを自分の体幹で抑えることが必要になります。

①不安定な要素でのトレーニング

写真①では不安定な要素を含むトレーニングを行っています。

バランスボールのような不安定な場所でのトレーニングを行うことで、

体幹の筋の感覚器を鋭くします。競技では本来不安定な要素を多く含む状態での

トレーニングが試合での様々な状況に対応できることに繋がります。

 

②ディフェンスの時の身体の使い方

 

サッカーやラグビーでは、相手を抜くプレーが要求されます。しかし、それを止めるには

自分の身体を一度ブレーキングする必要があります。このブレーキ動作では、股関節を使い

ジョッキングと言われる数回脚を踏みながら、とまっていきます。

急激にとまると、体重バランスが片方にのると、その状態から反対方向に切り返させれると

追いつくことが出来なくなります。

ディフェンスの時は体重が左右均等にしておくことで、バランスを保ちながら

守ることができるのです。

このディフェンスを行うにはジョッキングと言われる脚というより股関節を

小刻みに動かしていきます。

このジョッキング動作が出来ることで、相手のフェイントなステップからも

誘導されないようになります。

 

③パワーポジションからのジョッキング動作

 

パワーポジションからの動作でジョッキングと言われる動きを

行います。股関節を左右交互に動かしていきます。

これを練習して体重を片足に全部のせないようにします。

これが重要になります。常に脚を動かすことでバランスを崩さないで動くことが可能になります。

 

このジョッキング動作を行うには、強い体幹が必要になります。

しっかりとトレーニングを行い、ディフェンスを行えるボデイバランスを手にいれましょう。

そうすることで、ディフェンス能力は飛躍的に成長します。

 

是非、止まる為のトレーニングを行いましょう。

サッカー、ラグビーでの競技力向上でお悩みの親御様気軽にお問い合わせください。

 

asuka-sports.com

asuka-junior.com

asuka-shinkyu@lapis.plala.or.jp

 

トレーナー兼コーチ 野島

 

 

この記事を書いた人

野島 竜一

あすか鍼灸整骨院/asukaトレーニングクラブ院長兼代表

1971年奈良生まれ、 トレーナー スポーツ外傷専門の治療家/体幹トレーニング専門のフィジカルトレーナー。アスリートから一般の方までに体幹トレーニングにより体が健康になる素晴らしさをブログで発信。

同じカテゴリーの記事を読む

この記事を読んだ方は、他にこちらの記事も読んでいます。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。*が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)