タグラグビーで回りを見渡す判断力アップを!! お子様にお薦めの競技です。

7月5日からタグラグビーが始まりました。

なかなかお子様に好評でした。

タグラグビーは接触するプレーがなく、

コンタクトするプレーはありません。

しかし、攻撃する回数が決まっている為に頭をしっかりと使って

プレーをする必要があります。

 

子供さんの小さいうちかた行うことはとても他の競技にも活きてくる

スポーツだと考えます。

小さいときに判断能力をあげることで競技スポーツにおいて自身で考えて

動習慣がつくことになります。

 

タグラグビーにはその性質が備わっています。

自分で動くだけでなく、周りを活かしていく動きを覚えることは

協調性と自主性をともに養うことが出来るスポーツです。

また、ボールを投げる、走る、交わす、タグをとる、

など多くの動作が含まれていることも魅力です。

地面のボールをとるなど、身体をダイナミックに使うことがあり

とてもお子様の運動能力向上にはお薦めです。

 

自身もタグラグビーのお子様のトレーニングを教えていましたが、

やはり個々の身体的な能力が開花されやすい競技だと感じました。

走るスピードやパス、など動きを覚えていくうちに

急激に成長するお子様もおられ、様々な状況を把握して行うことで

自身の眠っていた資質を見出すことにもなりました。

 

最近に競技では判断能力がバスケ、野球、サッカー団体スポーツだけでなく、

個人スポーツでもテニス、バトミントン、などでは必要であると言われています。

状況を把握する一瞬で把握するためにもタグラグビーは効果的な競技だと

言えます。

 

当クラブではasukaラグビースクールとして現在

木津小学校で毎週日曜日の9時30分~行っています。

 

是非、気軽に体験してみてください。

asukaラグビースクール

コーチ兼トレーナー野島

 

 

 

この記事を書いた人

野島 竜一

あすか鍼灸整骨院/asukaトレーニングクラブ院長兼代表

1971年奈良生まれ、 トレーナー スポーツ外傷専門の治療家/体幹トレーニング専門のフィジカルトレーナー。アスリートから一般の方までに体幹トレーニングにより体が健康になる素晴らしさをブログで発信。

同じカテゴリーの記事を読む

この記事を読んだ方は、他にこちらの記事も読んでいます。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。*が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)