50歳からの膝の痛み、動作を改善することでほとんど完治します。

リハビリ専門整骨院のあすか鍼灸整骨院、

奈良市のパーソナルトレーニングスタジオの

asukaトレーニングクラブの

トレーナー兼治療家の野島竜一です。

 


 

7月も中旬ですね、

明日でほとんどの学校が夏休みに。

この時期に勉強を頑張ったり

スポーツを頑張ったり思い出の夏ですね。

夏のこの時期に

自分の競技パフォーマンス向上をしてみませんか。

トレ塾KIZUGAWA

トレ塾NARAでは

競技パフォーマンス向上の為の専門トレーニングを行っております。

 


 

50代からの膝の痛みは動作を改善することで完治します。

 

膝の痛みは50代以降の整形疾患でも

一番多い疾患の一つです。

しかし、現在膝の予防法は

サポーターやヒアルロン酸注射となっています。

しかし、現実的には根本からの完治を促すことは

難しいようです。

 

これは膝の動きに問題があります。

膝はもともと曲がる、伸びる動作を行います。

しかし、膝を曲げるには股関節の動きが一緒に伴う必要があります。

この股関節を動かさずに膝だけで屈伸動作を行うことは

筋肉の付着している部分が一方がロックされた状態で動きます。

そうすると過度に曲がる、伸びることになり筋、腱への負担は少なくありません。

これが膝を傷める大きな原因となります。

これを回避解消するには動作を徹底的に改善するしか

方法が最善だと思われます。

痛み止めはあくまでも一過性であると。

 


 

頭の重さを利用する動作を覚えましょう。

img_1655

写真①では股関節を曲げる膝を曲げる練習をしています。

この時に見て頂きたいのは

頭が前方に出て身体が曲がっているということです。

頭は身体臓器で一番重たいと言われています。

pixta_35298574_s

one asian badminton player man isolated on white background

写真②③でもわかりますように頭が身体より前方にあり

動いているのがわかります。これは頭から動くことで身体を

前方に倒しやすくなりスピードが加速できるのです。

しかし、膝の痛みのある方や変形性膝関節症の方は

しゃがんだ状態や椅子から立つ時に頭が身体の前方になく

まっすぐかやや後方にあります。

これでは身体の機能的な動きではありません。

先ほどのアメフト、バトミントンでの写真の動きは

本能的に頭を前方に出しています。

これが本来の動きなのです。

この頭から動き出すことで膝では無く股関節優位に

身体を使うことが可能になります。


 

膝の痛みを改善することは難しいことでは

ありません。今まで少し動作を無理をしていただけです。

 

正しい動きは皆さん身体が本来は覚えています。

しっかりと練習していけば、膝が曲がらない、伸びない

歩行、階段で痛みがある。

しゃがんだり出来ないなどは改善出来ます。当クラブでは

奈良県初のリハビリ専門トレーニング施設です。

遠方からも多くの方がリハビリをされ、皆さん

痛みが無くなり元気に自分の趣味を謳歌されておられている方

ばかりです。

後は少しの勇気とやる気だけです。

当クラブでは専門トレーナーが膝の痛みを改善できる

トレーニングを毎日行っております。

膝の痛みでお悩みの方は

ご連絡、ご相談ください。

asuka-sports.com

asuka-shinkyu@lapis.plala.or.jp

0742-22-0120

asukaトレーニングクラブ

トレーナー野島

 

 

 

 

この記事を書いた人

野島 竜一

あすか鍼灸整骨院/asukaトレーニングクラブ院長兼代表

1971年奈良生まれ、 トレーナー スポーツ外傷専門の治療家/体幹トレーニング専門のフィジカルトレーナー。アスリートから一般の方までに体幹トレーニングにより体が健康になる素晴らしさをブログで発信。

この記事を読んだ方は、他にこちらの記事も読んでいます。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。*が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)