サッカーでの競技力向上には、とまる動作を極めましょう!!

奈良市のあすか鍼灸整骨院、

asukaトレーニングクラブの

トレーナー兼治療家の野島竜一です。

 


 

学校では現在、春休みです。

この時期に競技を始める、また

新しい環境での競技を始める選手やお子様も

少なくありません。この春休みは自分の身体の

メンテナンスや動きをチェックするいい機会かも

しれません。時間のある間に自分自身やお子様の

身体の痛みや怪我を予防することに時間をあてることも

意義があるかもしれませんね。

 


 

今日の投稿は

ジュニア期のサッカーにおける

競技力向上です。

とまる動作を習得しましょう!!

 

サッカーの競技特性を考えると

激しいターンオーバーや方向転換の連続です。

また、ボールを奪い奪われたりするコンタクトプレーが

あります。この中で一番の問題はとまることがきちんと

出来るかといことです。とまることぐらいとお思いかも

しれませんがトップスピードで走り続けていて止まると

いうことは尋常ではないくらいの運動量を要します。

それは、止まることが出来ないと次のプレー自体を

きちんと行うことが不可能になります。

 


 

片足でとまれることはコンタクト時にも大きな影響が

 

img_2008

上記の写真はサイドへのジャンプ動作です。

基本サッカーでも両足で踏ん張ることよりも

片足で踏ん張ることの方が現実的には多くなります。

この際にきちんと地面を踏んで止まることが出来ないと

倒れるか次の動作が崩れることになります。

この写真でも一見はジャンプの瞬間止まっていないように

見えますが、一回一回速い速度で止まってから次の動作に

移っています。ですのでとまれるということは、

コンタクトプレーでもきちんと踏ん張ってコンタクトに

耐えれるかということに繋がります。

コンタクトプレーで転倒することは試合にも大きく影響する

ことがあります。

片足で止まれることを練習することでコンタクトプレーの

強さに大きく影響を及ぼすことが考えられる。

 


 

とまれることは速く動けることに

dsc_0039

写真①

速く次の動作に移行するには、

地面に力を吸収されすぎると動作自体が遅れます。

この動作の動きを速くするには、いかに

きちんと止まれるか。とまっていても身体が流れたり

地面方向に臀部が下がっていると止まれているとは言えません。

 

しっかりとまるには、臀部を上記の写真①のようにあげた状態で

とまるこのことが次への動きをスムーズに出来る。

臀部が地面方向に下がることで、力を地面に吸収され床からの

反発を利用することが出来なくなるからです。

走る時も同じですね、膝の角度は120度くらいです。

pixta_5272691_m

写真②

上記の写真②でもそうですが、膝の角度は120度くらいです。これ以上まげて

走ると地面に力が吸収されすぎて速く走ることは不可能です。

このことからも地面をきちんととらえて走る、動く、方向転換するには

きちんとパワーを発揮できるポジションで止まることが不可欠です。

とまることは、地面からの重力に打ち勝つことになるため、

容易ではありません。

 

訓練を積んで出来るようになります。

とまることがサッカーでは競技力向上に大きく繋がります。

現に現在に日本代表のサッカー選手でも多くの選手が

とまるトレーニングを行っています。

 


 

サッカーの競技力向上をお考えの親御様、

気軽にお問い合わせください。

asuka-sports.com

asuka-shinkyu@lapsi.plala.or.jp

0742-22-0120

asukaジュニアトレーニングクラブ

トレーナー野島

 

 

 

 

 

この記事を書いた人

野島 竜一

あすか鍼灸整骨院/asukaトレーニングクラブ院長兼代表

1971年奈良生まれ、 トレーナー スポーツ外傷専門の治療家/体幹トレーニング専門のフィジカルトレーナー。アスリートから一般の方までに体幹トレーニングにより体が健康になる素晴らしさをブログで発信。