サッカーでのキック力向上に必要なトレーニング。上半身をうまく使おう!!

サッカーでキック力は非常に重要です。

キックの強さは自分の長所になります。

 

今日は、このキック力を向上させるトレーニングについてお話していきたいと

思います。

 

キック力を向上させるのに、よく聞かれるのが下半身を鍛えたほうがいいのですか、

っというご質問です。

確かに下半身強化は中学生以上のお子様では必須となってきますが、

それだけではありません。どちらかというと下半身より上半身の力をどのように

して活かすかがカギになります。

ボールを蹴る時にうまい選手ほど、上半身の使い方に特徴があります。

 

①②キック動作

写真の①②ともに腕を大きく広げているのがわかります。

これはキック動作が脚だけでない証拠です。

脚だけで蹴るならこんなに上半身を広げる必要はありません。

何故、腕をこんなに広げるのか。

これは

腕→胸→股関節→太ももと全て連動した動作になったいる為です。

 

この上半身を広げることで、身体の筋肉を沢山使いキックを

行うことになります。

全身をひとつのばねのようにしてキックすることで大きな力を発揮することが

可能になります。

 

しかし、小学生くらいの選手では、この上半身の使い方を行う選手は多くはありません。

どちらというと、コートも小さい為に脚だけに頼る傾向にありがちです。

脚でけで蹴る癖をつけると走りながらボールを蹴るときや

ボールを蹴ってすぐに動き出すスピードが遅くなることにも繋がります。

上半身を使うことで次の動作が速くなります。

 

上半身を使い蹴ることでその後走るときもその腕の振りを

使って前方に進むことが出来ます。

出来るだけ、上半身を意識することがボールを蹴るだけでなく、

その後の競技での動き自体にも大きな影響を与えます。

 

ボールの蹴り方がおかしい、走るときにバランスが崩れるなどは

上半身を正しく使っていない可能性が十分に考えれます。

 

③棒をつかったキック練習

写真では、棒を使ってのキック動作になります。

しっかりと上半身から身体を回旋しています。

この上半身から身体を回旋する意識こそが重要になります。

 

④上半身を正しく使うキック動作

 

上半身を正しく使うことで写真④のようにお子様でもダイナミックなキック動作に

なっています。

上半身を使うことで振り脚の股関節を最大限に使うことが出来ます。

股関節をしっかりと伸展することこそ、キック力を強力なものにします。

 

是非、脚だけのキックではなく、身体全体で蹴る重くて速くて

威力あるキック力を手にいれましょう!!

 

サッカーでのキック力、キックについてお悩みの親御様

気軽にお問い合わせください。

asuka-sports.com

asuka-shinkyu@lapis.plala.or.jp

 

トレーナー兼コーチ 野島

 

 

 

 

 

 

この記事を書いた人

野島 竜一

あすか鍼灸整骨院/asukaトレーニングクラブ院長兼代表

1971年奈良生まれ、 トレーナー スポーツ外傷専門の治療家/体幹トレーニング専門のフィジカルトレーナー。アスリートから一般の方までに体幹トレーニングにより体が健康になる素晴らしさをブログで発信。

同じカテゴリーの記事を読む

この記事を読んだ方は、他にこちらの記事も読んでいます。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。*が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)