ラグビーのワールドカップが2019年に日本で開催されるのをご存知ですか? 

トレーナーの野島です。

今日は自分がプレーしていたラグビーのお話し。

ラグビーの面白さをわかって頂けたらと思って書いてみました。

最後までお付き合いの程。

よろしくお願いします。

 

皆さん、ラグビーのワールドカップが2019年に日本で開催されるのをご存知ですか。

今日はそんなラグビーの面白さと競技の素晴らしさのお話を少し。

ラグビ―は昨年ワールドカップで日本が3勝をあげ、歴史的な大活躍でした。

しかし、それまでも日本は第1回大会からずっとワールドカップに出場していたのをご存知でしょうか。

サッカーよりもワールドカップに出場したのは早かったのです。

しかし、大会に出場してもほとんどがワンサイドゲーム。

いわゆる相手にならない大差での敗北が多く、TVでの放送も最初の頃はありましたが

段々CSやBS以外ではどの局も取り扱わないようになり…まさしく冬の時代です。

しかし、昨年のワールドカップではエディ監督のもと徹底的なフィジカルトレーニングなど

により素晴らしい活躍を見せてくれました。

ラグビーの特徴

 

見て頂けた方にはわかっていただけると思いますが

とても面白く感動的なゲームの多いスポーツなのです。

その感動にはラグビーの大きな特徴があります。

ラグビーは、15人づつで競技をします。

他のスポーツに比べ、とても多くの選手で団結して競技します。

その中でまずボールを前方に投げることが出来ないという珍しい競技。

ですから、ボールを持ったら自分が1メートルでも前に出て

少しでも多く進むことを要求されます。

そのためかアメフトかサッカーみたいにスーパーガールや派手なゴールシーン

のような場面はありませんが、みんなでつないでいきトライするという団結力が

とても感動を生むスポーツなのです。

 

One for all all for one

僕も学生時代にラグビーを行っていましたが、トライするまでには

多くの人数のプレイヤーが関わります。

そのプレーは、「自分が犠牲になっても目標を達成する⇒全員プレー」なのです。

だからラグビーには一人のヒーローはいらない、全員がヒーローなのだから…。

だからラグビーにはこういう言葉があります。

One for all all for one  (みんなは一人の為に、一人はみんなの為

僕はこの言葉が大好きでラグビーをするきっかけになりました。

ルールは少し難しいのですが、そういう全員が自分を犠牲にしてでも一つの目標に向かう

姿がラグビーの大きな魅力です。

そういったことに着目しながら是非多くの方にラグビー見て頂けたらなと思います。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。
あすか鍼灸整骨院/asukaトレーニングクラブ

この記事を書いた人

野島 竜一

あすか鍼灸整骨院/asukaトレーニングクラブ院長兼代表

1971年奈良生まれ、 トレーナー スポーツ外傷専門の治療家/体幹トレーニング専門のフィジカルトレーナー。アスリートから一般の方までに体幹トレーニングにより体が健康になる素晴らしさをブログで発信。

同じカテゴリーの記事を読む

この記事を読んだ方は、他にこちらの記事も読んでいます。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。*が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)