お子さまのスポーツでの怪我、股関節の痛みの対策と予防!

奈良市のあすか鍼灸整骨院、asukaトレーニングクラブの

トレーナー兼治療家の野島竜一です。


10月もあと1週間くらです。雨が多く紅葉が

ないまま冬に突入しそうです。今週末は寒くなる

そうです。体調管理が難しい季節です。

皆さま身体を動かして少し汗をかくことが

代謝をあげで体温をあげることにつながります。

汗をかき水分をしっかり補給しましょう。

寒くなっても水分補給はこまめにおこないましょう。


今日の投稿テーマは子供さんのスポーツにおいての

股関節の痛みの予防・対策です。

股関節の痛みは歩き方、走り方から見直しましょう!

小学生~中学生にかけて股関節に痛みがある場合、

特に走った後などの痛み、しゃがんだ時の痛みは

ほとんどが歩き方、走り方に問題があります。

走る際に地面に足がつく時にがに股傾向では

ありませんか。

股関節の横(お尻の横がわ)、前(太もも付け根部分)

この付近の痛みは股関節の動きが大きく影響しています。


 

がに股は競技力の低下、怪我のもとになりやすいです!

歩行の際に極度のがに股(つま先だけが外側を向いている)

状態では股関節がしっかりと伸びることが不可能になります。

dsc_0851-1

↑のようにがに股の場合、股関節は曲がり、背中も一緒に

つられて曲がることになります。

この状態で走ったり、競技をすることはケガをしやすい

状態が普段から続いているといえます。

股関節が曲がり、外側に体重がかかることで

股関節を伸ばす筋肉は低下し、内側で身体を支える筋肉も

低下します。その結果アンバランスな筋肉で走ったりする

ことになります。

その為、股関節の前、横に大きな負担がかかり痛みの

原因になります。症状がきつい場合は筋を損傷する

結果になります。


 

まずは座った状態から太ももの内転筋を意識しましょう!

急に歩く、走るときに今までのフォームを変えることは

簡単ではありません。筋の特性で一度固まったフォームを

覚えてしまう習性があります。ですので筋を再教育する

必要があります。

座った状態で太ももの内側を意識して骨盤を

たてましょう。この姿勢を維持できるように

しましょう。地面もしっかりと踏んで座ります。

 


 

歩くときはつま先をまっすぐに、そして空中では

つま先をあげましょう!

歩くときには先ほどの太ももの内側をさらに意識し、

股関節を伸展するためにつま先を空中であげます。

そうすることで、着地の際に足の裏の中心で

踏むことができます。

足の中心で歩行することで地面からの反発を受けやすくなり

股関節を伸展しやすくなります。

このように太ももの内側・つま先をあげることで

股関節の筋をしっかりとバランスよく使えます。

img_1778dsc_1168

股関節の痛みを解消することは競技力向上にも

つながります。できるだけ座るときや立っているときから

意識するところから始めましょう。


ジュニア期の股関節たお尻、太ももの痛みで

お悩みの親御様、気軽にお問い合わせください。

asuka-sports.com

asuka-shinkyu@lapis.plala.or.jp

0742-22-0120

asukaトレーニングクラブ

トレーナー野島

この記事を書いた人

野島 竜一

あすか鍼灸整骨院/asukaトレーニングクラブ院長兼代表

1971年奈良生まれ、 トレーナー スポーツ外傷専門の治療家/体幹トレーニング専門のフィジカルトレーナー。アスリートから一般の方までに体幹トレーニングにより体が健康になる素晴らしさをブログで発信。

この記事を読んだ方は、他にこちらの記事も読んでいます。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。*が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)