足が速くなるトレーニング、運動会で一番になる方法とは!!

9月に入り運動会の練習を行う小学校が増えています。

運動会というと徒競走。50mやクラス対抗リレーなどが

あります。やはり速く走りたいとお思いのお子さまは少なくありません。

今日は、運動会で一番になる方法です。

運動会では50m走がほとんどです。リレーでは多分小学校、中学校ではグラウンドの大きさからいっても

50m程度だと思います。

では、この50mを速く走る方法を今日はお話していきたいと思います。

 

まず、速く走るにはスタートがほとんどです。このスタートで遅れると50mではなかなか

追いつくことは簡単ではありません。次に後半の30~50mでいかにスピードを落とさないか。

よく後半速いとかいいますが、これは速いというよりスピードが落ちないことを

意味します。小学生~中学生ではこの30mあたりでスピードが落ちる為に遅く感じます。

 

スタートと後半をいかにするかが50m走ではポイントになります。

スタートの時にまずは後ろ足の踵が地面についていませんか。

踵は基本つかないです。

前脚に体重を載せましょう。あと腕を大きく振りかぶります。

姿勢は低く、頭はあげて10mくらいまでは頭をあげないイメージです。

これだけでスタートで1~2m速くスタート出来ます。

これはスタートが一番遅いのです。みんな。そのスタートで速く走ることは

とてもその後有利になります。その為にも頭はあげないことです。頭をよーいドンであげると

空気抵抗をもらい、身体が後方に反ります。これではスタートでとても大きな力を使うことになり

後半のスタミナがもちません。

ですので、頭は10m程度は上げないことがポイントです。そして踵は走る時は

つきません。(写真①参照)しかし、意図的にあげるのではなく、地面は足の真ん中で踏むことで踵がつかないで

走れます。これで後半の30mまでかなり速く脚を回転させることが出来ます。

 

①踵は走るときはつきません

次に上半身の腕の振りです。

腕の振る速さが脚の回転と繋がります。

②ジャンプトレーニング

腕を速く振る為写真②のポゴジャンプというトレーニングをお薦めします。このトレーニングでは

地面を出来るだけ強く押して空中にジャンプします。しかし、腕の振りを使わないと連続で行うことは

出来ません。10回~20回連続でジャンプしていきます。バウンドするような感じで。

この時に自分の肘が肩のラインまで届くくらいがベストです。このくらい腕を振ることで

ジャンプ力は大きく変化します。

これが走るときに有効になります。

このポゴジャンプを連続で行えることで、走るときも同じです、しっかりと肘が肩のラインまで

振ることで10m~30mのスピードが向上します。

そして後半の30m~50mです。ここで注意することが顎があがらないことです。

顎があがると腕の振りが小さくなり、脚が後方にながれて走ることになります。

ですので決して顎はあげないで腕のスイングを変えずに走ります。

 

③スキップトレーニング

後半の腕の振りをイメージするには10m~20mをスキップすることです。

スキップは腕の振りが大きくなれば進む距離も伸びます。このスキップを練習することで

50m走を走り切る体力と腕の振りをイメージしやすくなります。

20m出来れば、30m、40mをスキップしましょう。

 

この2つのポイントを意識してみてください。

3m~5mは速くゴールにつくはずです。是非、運動会で一番になれるように

頑張ってみてください。

速く走りたい、速く動きたい 専門トレーニングを行っております。

気軽にお問い合わせください。

asuka-sport.com

asuka-junior.com

トレーナー兼コーチ野島

 

 

この記事を書いた人

野島 竜一

あすか鍼灸整骨院/asukaトレーニングクラブ院長兼代表

1971年奈良生まれ、 トレーナー スポーツ外傷専門の治療家/体幹トレーニング専門のフィジカルトレーナー。アスリートから一般の方までに体幹トレーニングにより体が健康になる素晴らしさをブログで発信。

この記事を読んだ方は、他にこちらの記事も読んでいます。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。*が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)