小学生の50m走でのタイム向上には、スタートから5歩までが勝負です。

奈良市のスポーツ障害専門、姿勢矯正専門の

あすか鍼灸整骨院、

パーソナルトレーニングスタジオの

auskaトレーニングクラブの

トレーナー兼治療家の野島竜一です。

 


 

     (本日のトピックス)

来月でジュニトレ塾KIZUGAWAも

1年を迎えます。

当初に比べてメンバーも増え

レッスン内容も少しづつレベルアップしていっております。

サッカー、テニス、野球、ドッジボール、空手、陸上、ソフトボール

ラグビーなど

多種多様な競技の子供さんが来られレベルアップされています。

コーディネーショントレーニングを中心に、

自分で判断して行動できる子供さんの育成を目指します。

 


(今日の投稿課題)

小学生の50m走のタイム向上にはスタートから5歩目までが重要

 

小学生の50m走でのタイムは

運動会にも直結します。

競技ではそれほど影響はありませんが

運動会や陸上選手には影響します。

競技、特にサッカーやバスケとボールでは

もっと短い距離のスピードが求めれます。

0~30mが。

これ以上長い距離を実際に走ることは多くありません。

50mが速いことはこしたことはありませんが、

スタートからの瞬間的なスピードが求めらます。

 

50mを速く走るには、スタートから5歩目までが非常に重要です。

それは、スタートのスピードをいかに50mまでもっていくか。

このスタートが遅いとかなりタイムに影響します。

スタートのスピードが無いと、その後の回転数をあげることが

難しくなります。30m走では、爆発的なスタートから一気に

回転数をあげますが、50m走では足の運びが重要です。

この5歩目までをきちんとした足の運びが重要です。

 


 

自分の身体から近くを踏む意識が必要。

 

50m走ではスタートからゴールまでを速く走るには

まず、身体のリラックスが重要です。かちかちの状態では、

難しいのと大きく走るイメージは持たない方がいいです。

それは、大きく走ろうとすると骨盤が後ろに傾きます。

スピードが乗った状態ならいいのですが、

スタートでスピードが乗らないうちに、歩幅を大きくすることで

骨盤は後傾して体重が後ろに残る為に、スピードをあげることが

出来ない身体で走ることになります。

しっかりと骨盤を前傾して走ることが

50mでのタイム向上につながります。

img_2110

写真①では走る練習をスムーズに行う

ウォールドリルというトレーニングです。

できるだけ、自分のからだから遠いところではなく、

自分の近いところを踏むことが重要です。

この練習で身につけるのは

踏む位置です。

このように、踏む位置を自分の近くで行うことで

より大きな力を地面に伝えることができます。

これが、前に進む推進力になります。

推進力は、そのまま加速していきその加速を活かして

歩幅を大きくすることが可能です。

しっかりと地面を踏む際に

力が伝わる場所を踏むことが重要です。

ですので、最初の5歩で踏む位置が違うと

加速出来ないまま走ることになります。

 

しっかりと、最初のスタートでどこを踏むか

そのことがその後のスピードに大きな影響を及ぼします。

陸上でもサッカーでも速い選手は自分のできるだけ身体から近いところを

踏んで走りだします。

是非、意識してみてください。

 


 

小学生ではスタートの時も

後ろ脚に体重をのせていることも少なくありません。

前側の足に体重を乗せ、前傾を保てる歩幅で走りだしましょう。

そうすることでスピードは格段をあがります。

是非、50m走でのスピードを向上させたい親御様、

気軽にお問い合わせください。

asuka-sports.com

asuka-shinkyu@lapis.plala.or.jp

0742-22-0120

asukaジュニアトレーニングクラブ

 

トレーナー野島

 

 

 

 

 

この記事を書いた人

野島 竜一

あすか鍼灸整骨院/asukaトレーニングクラブ院長兼代表

1971年奈良生まれ、 トレーナー スポーツ外傷専門の治療家/体幹トレーニング専門のフィジカルトレーナー。アスリートから一般の方までに体幹トレーニングにより体が健康になる素晴らしさをブログで発信。

この記事を読んだ方は、他にこちらの記事も読んでいます。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。*が付いている欄は必須項目です