ダイエット12週間プログラムトレーニング、呼吸を意識して代謝向上に。

今日の投稿はダイエットシリーズ12週間プログラムトレーニング。

スピードを意識することで代謝向上です。

また、今日は呼吸の事についても少しお話していきたいと思います。

ダイエットシリーズも3週~4週に入ります。

 

今日はまずダイエットを行うには呼吸がどれだけ重要かを少しお話したいかと思います。

ダイエットを行うには、必ず呼吸の意識がとても重要です。これは呼吸筋と言われる筋を本来

活性しないと現実的にはトレーニングを行っても大きな効果は得られません。

なぜならダイエットでは必ずストレングス&コンディショニングが求められます。

自重だけや持久走だけでは、行う頻度や時間がかなり長くなります。

 

ではストレングス&コンディショニングとは何か。

呼吸、正しいフォーム、コア、関節の可動性、筋力、スピードを

総合的に使いパワー発揮し、身体の連動性を高めていくことです。

しかし、この呼吸が乱れると正しいフォームで行うことや、筋力に大きな影響があります。

特に、筋力トレーニングでは負荷をかけることが一般的です。

バーベルなどの重りをつかいます。この時、呼吸は身体を支える、力発揮をする要はエンジンの

働きをします。エンジンが正しく作動しないと大きな力を発揮することが出来ません。

このことを意識することが重要になります。

 

では呼吸のトレーニングとはどのようなことを行うか。まずは自分の肋骨に手をあててください。

上部の方は横方向に結構膨らみます。次に下方向。これはどちらというと前や上方向に膨らみを感じます。

肋骨は上部と下部では形状が異なる為に動きも異なります。

特に下部の肋骨は動きが悪くなると、呼吸筋である横隔膜が作動しにくくなり

肋骨が開いたままとじなくなります。

 

この閉じないことで、自分の腹部のインナーマッスルが低下し筋力トレーニングをおこなっても

効果があがりません。

ですのでまずは呼吸筋をしっかりと動かしてから筋トレに入りましょう。

①呼吸トレーニング

写真①は呼吸のトレーニングではまず、自分の肋骨を下げる意識を

感じながら行います。

その意識が行えることで、今度は自分の腹部に圧がかかっているかを

確認します。その部分が出来ることで、自分の呼吸になっていきます。

この肋骨をさげることで骨盤がニュートラルポジションになります。

このニュートラルポジションこそが

本来の姿勢を保つことになります。その上でで自重トレーニングが

筋トレをおこなってください。今までは違う感覚でトレーニングを行うことが出来ます。

それこそが、体幹部分を使って姿勢を維持することになり、筋トレの効果を大きく

あげることになります。

そうすれば普段の生活でも自分の姿勢をコントロールし基礎的な代謝をあげる

ことになります。

 

是非、12週間プログラムで呼吸を意識してトレーニングしましょう。

asuka-sports.com

asuka-shinkyu@lapis.plala.or.jp

 

この記事を書いた人

野島 竜一

あすか鍼灸整骨院/asukaトレーニングクラブ院長兼代表

1971年奈良生まれ、 トレーナー スポーツ外傷専門の治療家/体幹トレーニング専門のフィジカルトレーナー。アスリートから一般の方までに体幹トレーニングにより体が健康になる素晴らしさをブログで発信。

同じカテゴリーの記事を読む

この記事を読んだ方は、他にこちらの記事も読んでいます。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。*が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)