体力低下、運動不足を6月解消して健康な身体をつくる為のクロスフィットトレーニング!!

体力低下、運動不足による筋力低下、心肺機能低下が最近

危惧されています。

6月は自分の健康の為にも、健康な身体をつくる1カ月にしませんか。

当クラブでは会員様限定のZOOMでのトレーニングの無料配信を

6月から会員様限定で行います。

又、6月からはトレーナーも増員して健康月間として食事アドバイスを

現在無料で提供させて頂いております。

 

 

さぁ、筋トレと有酸素運動で健康な身体を取り戻そう!!

 

運動不足、体力を取り戻すには3週間運動をしないとその3倍はかかると言われています。

運動は、筋力をつけるためでなく、様々な要素を含んでいることをご存じでしょうか。

 

当クラブでは、鬱病や精神的に不安定な方などメンタル的に

悩んでいる方も見えます。しかし、3か月もトレーニングを行うことでみるみる

元気になっているのがわかります。

運動が持つ力は大きいのですね。

運動を行うことで、メンタル的な部分で非常に安定し、仕事に打ち込め

会社で賞を頂いた方もおられます。

運動にはそのくらい大きな力があります。

最近は鬱病やメンタル的に不安になることが多く、仕事にも

学問にも不安定になる方やお子様もおられるとのご相談も受けます。

 

運動で身体を動かすことで様々なホルモンバランスが整い精神的にも

安定になっていくことは様々な研究でも解明されつつあります。

 

セルトニンというホルモンが分泌され心の安定を図ると言われています。

このセルトニンは運動により分泌されます。

 

では、運動不足で突然、何キロも走るジョギングなどは

この炎天下では危険です。

また、有酸素運動は心臓に大きな負担をかけるために早朝のジョギングも

要注意です。

行うとすればまずは柔軟性を高めるストレッチから行いましょう。

当クラブではクロスフィットトレーニングというプログラムを

専門で用意しております。

 

まずは正しい身体の柔軟性を高めていきます。

次に筋トレに入るのですが、まずは当面の目標をきちんと立てましょう。

筋トレは以前もお話していますが、ある程度の負荷をかけることで

筋肉を強くすることになります。

 

筋トレを全然行っていない方ならまずは自分の体重の半分が目標です。

 

ベンチプレス、スクワットを。

この2種目が自分の体重の半分をクリアできるように頑張りましょう。

 

ベンチプレスは胸部や背部、

スクワットは大腿部、臀部を強化することになります。

またこれらの筋トレを行うにはお腹の筋肉を必要です。

ただしい呼吸方法や正しい筋トレの回数、秒数設定を

行うことが重要です。

 

上記ブログ等も参考にしてください。

 

次に有酸素系運動ですが、

しっかりと動くというより、まずは7分間を動けるようにしましょう。

20秒動く30秒休憩を7セット。

30秒間は止まらずに動きます。

早歩きでもいいです。ただし、友達としゃべれるようなスピードではなく

全力で早歩きです。

このような運動を20秒がんばります。

20+30で50秒ですが残りの10秒は準備の時間です。

汗を浮いたり、道具の準備に使います。

なかなか20秒で十分の有酸素系運動になります。

自分の出来る範囲の運動からスタートです。

早歩き、階段昇降など。

 

このような運動トレーニングを週2回40分はしてほしいです。

運動を継続することは食事と同じくらい重要です。

今迄多くのクライントの方をご指導してきて、運動で皆様の雰囲気や

生活のリズムが変わり充実してきたというご意見を多く頂いております。

 

是非、6月から少しづつ運動を行い健康な身体を取り戻しませんか。

微力ながらお手伝いさせて頂ければと思います。

 

 

運動不足、健康増進、体力低下を解消したいとお悩みの方

気軽にお問い合わせください。

asuka-sports.com

asuka-shinkyu@lapis.plala.or.jp

トレーナー兼コーチ 野島

 

 

 

この記事を書いた人

野島 竜一

あすか鍼灸整骨院/asukaトレーニングクラブ院長兼代表

1971年奈良生まれ、 トレーナー スポーツ外傷専門の治療家/体幹トレーニング専門のフィジカルトレーナー。アスリートから一般の方までに体幹トレーニングにより体が健康になる素晴らしさをブログで発信。

この記事を読んだ方は、他にこちらの記事も読んでいます。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。*が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)