足首が硬いと怪我に繋がりやすいです、改善する方法ご紹介します、参考になればいいなぁ!!

トレーナーのノジこと、あすか鍼灸整骨院・asukaトレーニングクラブの

野島竜一です。

昨日から新しいトレーナーが当あすか鍼灸整骨院の一員に。

頑張ってほしいですね♪

これからどんどん若い人の時代かなぁって思いつつ。。。

いやいや若い物には、まだまだ負けられないと感じる45歳の

今日この頃です。

今日は足首の硬さを改善する方法を実際にご紹介したいと思います。

昨日、足首のお話しさせて頂きました。

今日は、足首を実際に

柔らかくする運動を紹介していきます。

動画ではないので、少しわかりにくいかも しれませんが、

①まず、座ってやる方法です。こんな感じです。

image1-14image1-17

↑右の足首を柔らかくしています。体重をできるだけ右足の載せます。

そして、すこしづつ手を前方にもっていきます。かかとが浮かないように

しましょう。硬い人は手を前方に延ばさなくてもいいですよ!

②つぎにこんな棒を使ってみました。

image1-13

↑足の小指側の棒を置いて膝がその棒の外側を

通過するように膝を前方に。そうすることで

足首が曲がりやすくなります。

③つぎにこんな道具をつかってみました。

image1-12

↑この道具はフレックスクッションというツール。

なかなか使い勝手のいいツールです。最近では

スポーツ選手が競技前のアップでも使っているくらいです。

素材が柔らかいので、踏んでいても違和感が無いです。

ネットでも確か購入できると思います。

最後に

↓そしてこんな感じのスクワットをやってみてください。

image1-9image1-10

↑板をかかとにおくことでしゃがむ動作がしやすくなります。

是非、このスクワットはおススメです。

参考になればいいなぁと思います!!

毎日少しずつ行うことで、効果は確実にあがります。

足首は本来とても動きのある関節です。

しかし、足首をあまり使わない動きに年齢とともに

馴染んでしまっています。

しっかりと足首をつかって

怪我のリスクを減らしてこれからの

自分のカラダに備えましょう。

今日のお話しはおしまいです。ありがとうございました。

この記事を書いた人

野島 竜一

あすか鍼灸整骨院/asukaトレーニングクラブ院長兼代表

1971年奈良生まれ、 トレーナー スポーツ外傷専門の治療家/体幹トレーニング専門のフィジカルトレーナー。アスリートから一般の方までに体幹トレーニングにより体が健康になる素晴らしさをブログで発信。

同じカテゴリーの記事を読む

この記事を読んだ方は、他にこちらの記事も読んでいます。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。*が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)