筋トレでかっこいい背中をつくる方法。広背筋を鍛えよう!!

パーソナルトレーニングスタジオのasukaトレーニングクラブ。

ジュニアお子様の競技スポーツの姿勢矯正、パフォーマンス向上のasukaジュニアトレーニングクラブ。

ダイエット、ボディメイキング専用トレーニング、ボディメイキングスタジオasuka。

クロスフィット奈良初のBOXのcrossfit asuka。

スポーツ障害、腰痛リハビリ専用トレーニング、

コンディショニング調整のあすか鍼灸整骨院で

トレーナー兼コーチをさせて頂いております野島竜一です。

 


 

今日から8月です。

当クラブも今月から株式会社に移行することになりました。

トレーナー業を更に頑張っていきたいと思います。

最近思うのは競技走る時にの意識を出来るだけ斜め上方にすることです。

だいたい45度くらいを意識ですかね。

これが他のスポーツでも応用することが出来るのに最近気づきました。

移動する時の自分のイメージは重要ですね。

今後も競技スポーツトレーニングでどんどん薦めていきたいと思います。

なかなかみんな走るスピードが向上しています。

 


 

今日の投稿は

背中です。

かっこいい背中をつくる筋トレ方法とは。

 

背中は普段自分で見えませんが背中が丸くなると年齢以上に

老けて見えます。また背中が丸いと身長が低くみられ、姿勢もあまり

かっこいいものではありません。

 

①背中

 

背中を鍛えることで見た目はかなり違います。

まず背筋が整い、身長が高く見られ、姿勢が良くなる為に、

猫背を解消出来ます、

また背中にある程度の筋肉があると服も着こなせます。

背中は身体でもかなり大きな筋肉で構成されている為に、

筋肉の範囲も広いので鍛えることで歩くフォームなども変化していきます。

実際には筋肉としては広背筋と僧帽筋中部、下部線維を狙ったトレーニングが

効果的といえます。

 


 

広背筋を鍛えるメニューの一番は懸垂です。

 

懸垂は子供の頃一度は行ったことがあるメニューです。

②斜め懸垂

写真は斜め懸垂、いわゆる脚がついた状態での懸垂です。

この斜め懸垂でも正しく行えば、背中を強化することは可能です。

懸垂は自分の体重を持ちあげる為に背筋の様々な筋肉を使うことになります。

懸垂はその為の最高のメニューと言えます。

懸垂は自分で行う方法をかなり工夫することで誰でもが出来ます。

例えば、チューブを足元においておこなったり様々な形で行う

事が出来ます。

 

ジャンプ懸垂

又、ジャンプして懸垂の状態からゆっくり降りる練習なども

下がるだけでも背筋を強化することが出来ます。

是非、懸垂で背筋を強化しましょう。

最初は3回くらいでも3カ月も行わば10回は行えるようになります。

背筋が強化されると姿勢が綺麗になるので見た目にもわかると思います。

是非、かっこいい背中をつくってみませんか。

 


 

かっこいい背中をつくりませんか。背中を強化することで姿勢も正しくなり

綺麗でかっこいい背中をつくることになりますよ。

 

背中を綺麗にしたいかっこよくしたいとお考えの方、気軽にお問い合わせください。

 

asuka-sports.com

asuka-shinkyu@lapis.plala.or.jp

0742-22-0120

asukaトレーニングクラブ

トレーナー兼コーチ野島

 

 

この記事を書いた人

野島 竜一

あすか鍼灸整骨院/asukaトレーニングクラブ院長兼代表

1971年奈良生まれ、 トレーナー スポーツ外傷専門の治療家/体幹トレーニング専門のフィジカルトレーナー。アスリートから一般の方までに体幹トレーニングにより体が健康になる素晴らしさをブログで発信。

同じカテゴリーの記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。*が付いている欄は必須項目です