ダイエット特集、ヒップ、太腿を引き締めるには、太腿を絞り込むメニューが効果的!!

奈良市の

あすか鍼灸整骨院、

asukaトレーニングクラブ/asukaジュニア体幹トレーニングクラブ

ボディメイキングスタジオasuka

の動作スキルトレーナー兼治療家の野島竜一です。

当施設では、

スポーツ障害や腰痛、股関節痛、膝痛、肩の痛みを

動作を改善することから痛みを解消する独自の治療を行っております。

トレーニングではダイエットや競技力向上に機能的で効率のいい動きを

行い早期に効果があがるレッスンを心がけております。

ジュニアトレーニングでは身体の競技の特性に合わせたトレーニングレッスンを

行っております。

 


 

プロ野球もキャンプも大詰めで、オープン戦も少しづつ始まり

野球もあと1ヵ月くらいで開幕ですね。

 

当クラブでは7月からジュニアトレ塾のバスケットボール塾と

競技パフォーマンスプロコースを行いたいと思っております。

このプロコースは全国大会を目指すスポーツ選手層向けに

行うトレーニングでかなりハードなトレーニングで

全国トップレベルのトレーニングを行います。

バスケ塾では専門のコーチがバスケスキルや競技に必要な

身体の使い方をレッスンしていきます。

詳細は5月くらいにブログでご報告したいと思います。

ご期待ください。

 


 

今日の投稿は

ダイエット特集

下半身の太ももと臀部の引き締めには太ももを内側に絞りこむトレーニングが効果的!!

 

下半身の太ももとお尻の引き締めはダイエットでよく聞くお悩みです。

この2つを一度の解決するトレーニングがあります。

それが、太腿を内側に絞り込むトレーニングです。

専門的には股関節を内旋するといいます。このトレーニングが何故効果的だと

いいますと、お尻と太ももを内側に絞る筋は非常に多く、

臀部や太ももの内側や後方にも付着しています。また太ももを内側に絞る

ことでお尻の筋も同時に活性します。

 

この運動は本来、歩行や階段昇降でも、立ち上がり動作でも、股関節を

本来は内旋して立ち上がります。しかし、この内旋する筋をほとんど

意識して使っている方は多くありません。ほとんどが外側に向ける動作(外旋)で

運動を行っています。その為、活動する筋肉が伸びたり縮んだりすることが

ほとんど無いために、筋肉の活動能力が少ないと言えます。

これが、ダイエットを行う際も普通に意識せずにスクワットなどを

しても太ももの前面ばかりが持ち上がり全然痩せたい太ももの内側や

臀部を引き上ることは出来にくくなります。

 


 

太腿を内側に絞るなら片足での運動が有効に。

Step by step instructions: Hold a barbell behind your head and rest it comfortably on your shoulders. Stand tall and keep your head upright, with your feet shoulder-width apart. (A) Take a big step forward with your right foot, slowly lower your back knee directly down until it is just above the ground. (B) Switch sides. (C)

写真①はランジと言われる片足で体重を支える動作です。

この動作では、片足で自分のスピードと体重と重力を支える必要があります。

その際に重要になるのが太ももを内側に絞る動作です。この写真でもわかると思いますが、

右足で踏み込んだ写真をみてください、右の太ももの付け根がお腹と近づいています。

この時に足首は90度足首の関節のい真上に膝のお皿の真ん中が来ます。

これが指標になります。この時にかかる筋は太ももの内側、お尻になります。

このような片足でのトレーニングを行うと太ももを絞る意識がより高まると

おもいます。

この写真はバーベルをかついでいますが、自重でおこったり軽い負荷の

ダンベルを持って行うだけでも、正しく行えばダイエットには効果なメニューとなります。

高負荷でのトレーニングでもフォームが乱れていたり、意識する筋肉が違うと

大きな効果は出ないかもしれません。

軽い負荷でも正しいフォームで確実に効かせたい筋を意識して行うと

次に高負荷を行う際にさらに高いダイエット効果を発揮することが可能になります。


 

太腿を絞る動作は本来は運動の基本的な要素です。

 

大腿を絞る動作は本来、身体を動かす際には不可欠な動作です。

pixta_733093_s

この写真②の剣道の動作を見て頂いてもわかる思います。

写真の奥側の選手の右の股関節が内側に絞り込まれているのが確認できます。

これは速い動作で動く際には股関節を内旋する動作=内側に絞る方が速く動きことが出来ます。

外側に開く動作(外旋)で剣道で打ち込む選手はいません。それでは機能的に動くことが出来ない為です。

これは剣道だけでなく陸上や他の競技でも同じことが言えます。

これが普段の生活でも同じことが言えます。

太腿を内側に絞ることは運動のスピードをあげることに繋がります。

運動スピードがあがることはより大きなエネルギーを使うことになり、

身体の引き締めには有効的です。

是非、太腿を絞り込んで行うことを意識したメニューをお薦めします。

 


ダイエットで太もも、臀部を引き締めたいとお思いの方、気軽にお問い合わせください。

女性トレーナーも在中しておりますので気軽にご相談ください。

asuka-sports.com

asuka-shinkyu@lapis.plala.or.jp

0742-22-0120

asukaトレーニングクラブ

トレーナー野島

 

 

この記事を書いた人

野島 竜一

あすか鍼灸整骨院/asukaトレーニングクラブ院長兼代表

1971年奈良生まれ、 トレーナー スポーツ外傷専門の治療家/体幹トレーニング専門のフィジカルトレーナー。アスリートから一般の方までに体幹トレーニングにより体が健康になる素晴らしさをブログで発信。

この記事を読んだ方は、他にこちらの記事も読んでいます。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。*が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)