ダイエット効果をあげる為の運動は量より、質です。

奈良市のスポーツ障害専門のあすか鍼灸整骨院、

ダイエット専門スタジオの

ボディメイキングスタジオASUKAのトレーナー兼治療家の野島竜一です。

 

 


 

ジュニアの子供さんをトレーニングのレッスンを

行っていますが、足が速い、運動能力が高いは

ある程度は覚えて知れば出来るということです。

才能ではなく、知っているかどうかだと。

身体は機能的に動かせば誰でも速くなります。

 


 

ダイエットに効果的な運動トレーニングは量ではなく質だと。

 

今週はダイエットに関する投稿が続きます。

ダイエットで長時間の運動や長い距離を走る運動は最初はいいですが、

その運動を長期間に行うことを続けることがなかなか現実的には難しいです。

ダイエットの効果を運動で出すには質です。

どのようなメニューで構成していくかです。

また、トレーニングをいかに楽しめるかが鍵となります。

単調な繰り返し運動や同じマシーンでの運動は飽きがきます。

運動はやはりいかに楽しめる範囲まで突き詰めて行うか重要となります。

 

 


 

量を質に変換していくことが

 

確かにある一定の量は動作を反復するには必要です。

しかし、反復だけでは効果はあがりません。

動作のフォームがある程度覚える事が出来れば

自分の出来るメニューだけを行うのではなく、

できそうもないメニューにチャレンジすることが重要です。

 

人間は運動でも仕事でも目標があると闘争心に火がつきます。

この闘争心こそ、人間のアドレナリンを出し興奮状態の身体へ導くことが出来ます。

これが質になります。

 

質をあげることで自分のモチベーションをあげ、そのメニューを出来た時の

達成感は何歳になっても嬉しいものです。

たかがトレーニングですが、人間は運動をして生きています。

自分の運動パフォーマンス向上は自分の身体の変化の一つなのです。

この喜びを覚えて頂けることがダイエットをツライものから

楽しめることに変換させます。

運動でのダイエットはキツイ、ツライではなく楽しい、嬉しいに

代えるメニューが大切です。

出来ないことが出来るようになることは何歳になっても嬉しいものです。

 


 

質で変わると自分の身体も変わります。

 

運動の質が変化していくことは自分の運動能力の向上を意味します。

そうすれば必然的に身体つきも変わります。

運動能力とは筋力、持久力、体幹力、跳躍力、バランス力などを意味します。

これらが運動での質をすこしづつ向上できることは

身体の筋力、持久力が伴ってのことです。

そうなると身体つきは変換していきます。

 

質を求めるには正しいフォームで運動を行い我流ではなく、

きちんとアドバイスして修正して頂くことが更に重要です。

主観的な運動は怪我やダイエット効果を下げる原因として、自分の

フォームが自分では修正出来ないということがあげられます。

 

客観的にアドバイスをもらうことで自分のフォームは飛躍的にかわります。

また、一人で行うより誰かがモチベーションをあげてくれることも

運動では重要です。よりテンションがあがり楽しく行うことに繋がります。

 

ダイエットは簡単ではありませんが難しくもありません。

いかに楽しめるような質の高いメニューを行うかが重要だと思います。

楽しいことは続きますよ。

 


 

ダイエットを楽しく行いたいとお思いの方、気軽にお問い合わせください。

asuka-sports.com

asuka-shinkyu@lapis.plala.or.jp

0742-22-0120

ボディメイキングスタジオASUKA

トレーナー野島

 

 

 

この記事を書いた人

野島 竜一

あすか鍼灸整骨院/asukaトレーニングクラブ院長兼代表

1971年奈良生まれ、 トレーナー スポーツ外傷専門の治療家/体幹トレーニング専門のフィジカルトレーナー。アスリートから一般の方までに体幹トレーニングにより体が健康になる素晴らしさをブログで発信。

この記事を読んだ方は、他にこちらの記事も読んでいます。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。*が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)