小学生での野球での投球障害を防ぐには、肘の使い方を意識しましょう。

 

奈良市のあすか鍼灸整骨院、

asukaトレーニングクラブの

トレーナー兼治療家の野島竜一です。

 


 

4月になり、温度はかなり上昇してきました。

20度を超える日も少なくなく、

過ごしやすい季節です。

運動をするにはいい季節ですが、

気温差もあるので服装が難しい季節ですね。

 


 

今日の投稿は

小学生における野球での投球障害です。

 

肘の使い方をもっと意識しましょう。

 

小学生での投球障害は少なくありません。

それも、投手に限れば多くの子供が肘、肩の障害を

抱えています。

しかし、小学生という年齢的なものと、投手という立場から

自分がチームを背負うという認識や痛みの感覚がよくわからない

為にそのまま痛みがあっても投球する選手は少なくありません。

その痛みがすこしづつフォームを狂わせ、野球肘になり最悪の

ケースは小学生でも手術に移行することがあります。

これを予防するにはフォームを見直すことが重要です。

特に肘を上手く使えない子供さんが多く、まず最初に行うのは

肘の使い方を習得することが重要だと思います。

 


 

両方の肘をあげる訓練を

投球は本来は下半身からの力を上手く上半身に伝えていきます。

しかし、小学生の肘の痛みを抱えている選手にはこの連動動作を

いきなり教えるのは難しいのが現状です。高校生でも習得するには

時間がかかります。

まずは肘をあげる練習から行うことをお薦めします。

肘をあげないと投球時に肩、肘に大きなストレスがかかることに

なります。

img_2320

写真①

新人の米山トレーナー(甲子園出場選手です)

 

上記の写真①のように両方の肘をあげる練習を

行いましょう。

この両肘を挙げた状態から投球することが

出来ればテイクバックはかなり小さくなります。

テイクバックが小さくなると肘と肩にかかる負担を

まず軽減することになります。

 


 

肘を挙げたまま投げる習慣を

 

上記での記載でも述べましたが、投球時に肘を下げる行為を

まずは改善することが重要です。

肘が手首より下がった状態で投球を行うと

肘への回旋ストレスは増大します。

その為にも肘を挙げた状態での投球を心がけましょう。

下半身や上半身の連動動作を習得するにしても

まず、この肘をあげる練習は邪魔にはなりません。

出来るだけ早期にまず痛みをとるにはこの肘の使い方を

改善し、その後下半身の動きを習しても遅くはないと

思います。

まずは、ピンポイントで肘をあげる練習を行いましょう。

これはキャッチボールの時から意識する必要があります。

キャッチボールの際にできないことは普段の練習でも

できなくなります。しっかりと両肘を挙げる練習をしましょう。

 

ジュニア期のお子様では自分の痛みに気づかないことも

あり、また言わないお子様も少なくありません。

投球が土日で100球以上を超えているときや

普段より急速が落ちたり、肘がいつもより下がってきている

時はお子様の危険合図かもしれません。

できるだけ早い対応がその後の野球のレベルアップにも

つながると思いますし、投球障害を予防することにも

なると私は思います。

 

 


野球肘、野球肩、

投球障害でお悩みの親御様、

気軽にお問い合わせください。

 

asuka-sports.com

asuka-shinkyu@lapis.plala.or.jp

0742-22-0120

asukaジュニアトレーニングクラブ

トレーナー野島竜一

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この記事を書いた人

野島 竜一

あすか鍼灸整骨院/asukaトレーニングクラブ院長兼代表

1971年奈良生まれ、 トレーナー スポーツ外傷専門の治療家/体幹トレーニング専門のフィジカルトレーナー。アスリートから一般の方までに体幹トレーニングにより体が健康になる素晴らしさをブログで発信。

この記事を読んだ方は、他にこちらの記事も読んでいます。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。*が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)