外国の方とのコミュニケーション尻込みしないで話すと、意外と気持ち通じるような気がします。

体幹トレーニングアドバイザーのノジこと

あすか鍼灸整骨院・asukaトレーニングクラブの

野島竜一です。

12月18日に行われる甲子園ボウルに行きます。

生のアメフトの試合を見にいくのは初めてです。

いまからかなりワクワクですね。

ちょっと興奮気味!! 応援頑張ります!

僕が生まれた奈良市は昔から観光の町です。

今は外国の観光の方がすごく多い。

だからよく声をかけられます。

たまに当クラブにも道を聞かれるかたがおられくらいです。

今日はそんな外国の方とのコミュニケーションのお話しです。

語学力なんかなくても大丈夫、気持ちです!!

そんな観光の町なもんで外国の方に声をかけられること

珍しくありません。でも昔は結構尻込みするというか。

なんか、どうしようって感じでした。

でも最近少しだけ英会話を外国の方にレッスンしてもらっていました。

そうするとちょっとわかったことがあります。

それは、語学力がなくてもある程度気持ち伝わることがあります。

だいたいの意味も結構わかるようになります。

要は知ろうとするかどうか。何をいっているかわかろうとすると

ジェスチャーや片言の単語でも理解できるようになります。

要は尻込みしないことです。こっちから積極的に話をしてみることで

意外と通じることがあります。そうすると意外と面白いです。

最強のツールはスマホ。

そんな訳で今日も声かけられました。

JR奈良駅周辺を

歩いていると男女のご夫婦だと思われる

観光客の方に声をかけられました。

が、話している言葉は英語。

自分たちが宿泊するホテルに行きたいとのことです。

僕はその方のスマホを見せてもらいました。そうすると

ナビが起動しておりそのホテルの経路がでていました。

後はホテルの名前を聞いて、そこに行くのはどうしたらいいの

と話しされていたので最寄駅をお伝えしました。

10分くらいその夫婦みたいなカップルの方とスマホを

見ながら会話。これで結構いけました。

スマホすげ~。って思いました。

夫婦みたいなカップルの方は嬉しそうにthank you good bye .

って言いながら最寄駅に向かって歩いていかれました。

なんだかその時間意外と楽しかったです。

外国の方とこんな風に触れあうこと僕は凄いいい経験だし

こんな経験をできることなかなか普段の生活ではないので。

要は考え方次第ですね。あ~声かけられたら嫌だなって思うか、

その方との会話や雰囲気を自分で楽しめるか。

それって外国の方にも伝わりますよ。

僕は決して英語喋る訳ではありません。っていうか

ほとんど片言の単語だけです。

でもね、そういう何とかしようって思う気持ちは

万国共通だと思います。

自分の町に来ていただいてのも何かの縁、大切にしたいですね!!

奈良県は、今凄い外国の観光客の方が連日多くの方が訪れておられます。

僕は思うのです。どんな形で奈良に来て頂いているのか。

もしかしたら、新婚旅行かもしれない、もしかしたら大事な記念旅行かもしれない。

そんな風に考えるように。

だから僕にできることを行ってみたい。僕に話かけて頂いたのも

何かの縁です。縁は大切にしたいです。

だって自分が反対ならやはり道を聞いて無視されたり

断れたらなんかさみしいと思うから。

色々な国の方とコミニュケーションをとれる事は

僕は素敵なことだと思います。

今日も皆さまに感謝です。

この記事を書いた人

野島 竜一

あすか鍼灸整骨院/asukaトレーニングクラブ院長兼代表

1971年奈良生まれ、 トレーナー スポーツ外傷専門の治療家/体幹トレーニング専門のフィジカルトレーナー。アスリートから一般の方までに体幹トレーニングにより体が健康になる素晴らしさをブログで発信。

同じカテゴリーの記事を読む

この記事を読んだ方は、他にこちらの記事も読んでいます。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。*が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)