速く走る為のトレーニング方法、脚の回転力をあげよう!!

日の速く走るには、姿勢の維持が重要です。

次に重要になるのが脚の回転です。

脚の回転する位置が速く走るには重要になります。

 

お尻の下に踵が来るようにしよう!!

 

走る時には自分の体重が出来るだけ真下方向に押せる位置が

重要になります。

地面に対して真下に押すには足の裏が地面につくときに自分の体重が一番押せる

所で走る必要があります。

 

踵の位置の写真

 

上記の写真のように走る際の自分の足の踵の位置が地面に対して真っすぐ踏める位置に

来ることが重要です。

 

実際の走る脚の位置の写真

 

上記写真でも実際の走るフォームでは踵は

このようにお尻の下に位置しているのがわかります。

 

踵がお尻の位置にあることで、この後の動作で

地面を出来るだけ自分の体重と筋力を使って押すことが出来ます。

また、この地面を押すことが前方への推進力になります。

 

次にこの地面を踏んだ力を前方に進ませるにはもう一つ重要なことが

あります。それは後脚と前脚の関係です。

 

前脚が付く前に後ろ脚をあげよう!!

実際に先ほどの写真でも前脚が付く前に後脚が地面から離れようとしています。

これは地面から速く離れることで地面に両足を付いていない状態で地面からの

重力の影響を抑えることと脚の回転速度をあげる為です。

 

脚が速くならない選手の特徴として後脚がなかなか前に来ません。

その為、膝が曲がり地面をかくような動作になりがちです。

これでは、地面を押す力が減少して前に結び付かない為、

なかなか速くなりません。

これは後脚の回転が遅い為です。後脚は出来るだけ早く前脚を

追い越すぐらいの気持ちで走ることが脚の入れ替え動作が速くなり

結果前方に速く進むことになります。

 

脚が速く走るには脚の入れ替え動作が速いことが結果的には前方移動では速く進むことに

なります。その為に重要なのが脚の入れ替えと踵の位置になります。

この2つが揃うことで足の回転速度は飛躍的に向上します。

 

脚の回転速度があがることで実際には速く進めることになります。

先日もお子様でこの走り方を覚えて頂き自己新の100mの記録を

出しておられています。

速く走ることはいかに速く走る方法を覚えるかだと思います。

 

速く走りたいとお考えの親御様気軽にお問い合わせください。

asuka-sports.com

asuka-shinkyu@lapis.plala.or.jp

トレーナー兼コーチ 野島

 

 

 

 

 

この記事を書いた人

野島 竜一

あすか鍼灸整骨院/asukaトレーニングクラブ院長兼代表

1971年奈良生まれ、 トレーナー スポーツ外傷専門の治療家/体幹トレーニング専門のフィジカルトレーナー。アスリートから一般の方までに体幹トレーニングにより体が健康になる素晴らしさをブログで発信。

同じカテゴリーの記事を読む

この記事を読んだ方は、他にこちらの記事も読んでいます。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。*が付いている欄は必須項目です