ジュニア期の柔道選手特化トレーニング、試合に勝つ為の体幹トレーニング法!!

私自身も柔道経験で柔道での体幹トレーニングについて

今日はお話をしていきたいと思います。

インターハイで優勝した100kg超級の選手もトレーニングを

レッスンしておりました。

 

柔道ではいかに自分の体勢が崩されるか、相手を崩すかが試合の勝敗にカギになります。

この崩すされないようにするには、体幹のトレーニングは不可欠とバランス能力が重要になります。

 

柔道では相手をいかに自分の投げやすい体勢にもっていくかが重要になります。

体勢をまずは崩されない為には、身体の軸のコントロール力が必要になります。

身体の軸は体幹部分の肩関節~股関節部分の特にインナーマッスルの強化がカギとなります。

 

① バイパートレーニング風景 ②バランスボールでの体幹トレーニング

 

写真①では横方向に動かされても軸を安定して横にスライドせずにすぐに移動するトレーニングです。

このような上半身と下半身が連動して動かされても自分の軸を変えないことが重要です。

 

写真②では不安定な状態でも自分の肩関節を中心としてボールをコントロールする

体幹トレーニングです。

 

ジュニア期では特にこのような軸を安定させるためにあえて不安定な状態や動作を

行いながらでも自分の身体をコントロール、体幹強化が試合では有効になります。

高校生以上では筋トレを積極的に行うことが必要ですが、

小学生、中学生では筋トレよりも安定した軸を常につくり相手に簡単に

体勢が崩されないことが試合で負けないことに繋がります。

 

柔よく剛を制すといいますが、力だけでは勝てる競技ではありません。

自分の軸が安定していれば相手の力を用いて技をかけることも可能になります。

 

その上でも体幹のトレーニングは不可欠だと思われます。

是非、崩されない体幹軸をつくることをお薦めします。

 

柔道での体幹強化、試合に勝つためのトレーニングでお悩みの方

気軽にお問い合わせください。

asuka-sports.com

asuka-shinkyu@lapis.plala.or.jp

トレーナー兼コーチ 野島

 

 

この記事を書いた人

野島 竜一

あすか鍼灸整骨院/asukaトレーニングクラブ院長兼代表

1971年奈良生まれ、 トレーナー スポーツ外傷専門の治療家/体幹トレーニング専門のフィジカルトレーナー。アスリートから一般の方までに体幹トレーニングにより体が健康になる素晴らしさをブログで発信。

同じカテゴリーの記事を読む

この記事を読んだ方は、他にこちらの記事も読んでいます。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。*が付いている欄は必須項目です