人と同じことなんて、面白くない。 やるなら自分がやりたいことをやってみたらどうかな。

 

トレーナーのノジです。

僕は今整骨院でトレーニングを教えています。

何で整骨院でトレーニングを?って思うでしょうね。

”自分が色々な方にトレーニングを教えたかったから”…

単純です。だってトレーニングは面白い。自分の身体が変化するし

痛みも改善できるこんな面白いことない。もっとみんなに知ってほしい!!

僕はこの整骨院を開業するまでスポーツ選手のトレーニングに関わり、

自分が開業するときは走って、踊って、ジャンプして、投げて

何でも出来る整骨院にしたかった。

だから当院では実際にトレーニングで実際、猛ダッシュしたりさせます。

真剣に、まじです。

だから、初めて来た方は”わぁ、走っているって”︎って感じだそうで、びっくりされています。

整骨院でトレーニングを指導している所も今では珍しくないです。

でも、僕がやり始めた7年前は、そんな整骨院ほとんどなかったです。

今でもリハビリとか運動とかする整骨院はあります。

でもダッシュしている所はあまり無いと思います。

今までの整骨院の概念なんか吹き飛ばすような!

だって、普通の整骨院のイメージってだいたい10坪くらいで運動するスペースなんか

ここでやるの?って感じの所がほとんど。

のびのび出来ないやん。

走る指導できない。

投げる指導できない。

ジャンプの指導できない。

踊る指導できないやん。

僕自身がそういうのが嫌だった。

だから今借りている所は2階建てで

走れるくらいのスペースがあります。 

縦は20mくらいはあります。

img_0528

こんな感じです!

また、トレーナーは全員インカムを使用。

つけないとどこにいるかわからないのと、

ちょっとカッコいいから。

まあ、確かに家賃もハンパないですけど。

泣きそうになることも( ;  ; )たびたび。

でも、なんか狭い所でこちょこちょトレーニングしては自分らしくない。

もっとダイナミックにトレーニングしないと自分らしくない。

そんな思いでここに決めました。

やるならたった一回の人生思いっきりやってみたいじゃないですか。

今は、それで良かったと思います。

みんな子供達はガンガン走ってます。

みんないい顔してる。

最高の瞬間ですね。人と同じで自分のやりたいようにやれないなら楽しいかな。

人と同じことばかりしてると自分で何も考えない人になるような。

真似してもせめて自分なりにアレンジして模索しなあかんなぁとおもいます。

単なるモノマネじゃ。楽しくないかも。

僕はだから自分なりにアレンジしたい。

僕の所の制服はこんな感じ。

普通整骨院でトレーニングウェアなんかほとんどないです。

ほとんどが白衣。

そんなんトレーニングやリハビリやピッチャーの投げ方教えるのに、機能的じゃない。

昔から白衣の機能性のなさにはがっかりでした。とりあえず動きずらいです。

このアンダーアーマーの制服は無茶苦茶動きやすいですよ。

dsc_0816

こんな感じです。

 

こっちの方が機能的だから。これを制服にしました。

インカムつけてる整骨院なんかないな、

でもインカムつけてる方がすぐに連絡できるしみんなに一斉に発信できます。

dsc_0818

色もカラフルにちなみにぼくのはレッドです!!!

走って踊ってジャンプして。

そんなみんなが楽しくトレーニングできる

そんな空間が楽しそう。

そんな感じでやってます。

ちよっと前に僕の専門学校時代の同級生の段上くんに

誘われてエクスマセミナーに参加しました。

その時感じたのは

あ、

もっと楽しむ、それもまず自分が楽しむ” それを再認識させられました。段上くんに感謝です。

img_0530-1

こんな感じの段上くん!!

今は、もっとトレーナー同志もクライアントさんもトレーニングで一緒に楽しめる空間をつくりたい!

それが僕のみんなとは違う整骨院かな。

今日のお話しはおしまいです。

この記事を書いた人

野島 竜一

あすか鍼灸整骨院/asukaトレーニングクラブ院長兼代表

1971年奈良生まれ、 トレーナー スポーツ外傷専門の治療家/体幹トレーニング専門のフィジカルトレーナー。アスリートから一般の方までに体幹トレーニングにより体が健康になる素晴らしさをブログで発信。

同じカテゴリーの記事を読む

この記事を読んだ方は、他にこちらの記事も読んでいます。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。*が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)