腰痛でお悩みの方必見。自分の体重をコントロール出来る筋力強化が重要に。

あすか鍼灸整骨院、

パーソナルトレーニングスタジオの

asukaトレーニングクラブ、

ジュニア競技のパフォーマンス向上の

asukaジュニア体幹トレーニングクラブ、

ダイエット、ボディメイキング専用のトレーニングの

ボディメイキングスタジオasuka、crossfit asukaの

ストレングス&ムーブメントトレーナーの野島です

 


 

先週思いがけない選手が訪問に。

以前自分がトレーニングや治療を担当していた選手が

訪問しに来てくれました。

何年たっても自分の事を覚えていてくれることはトレーナーとして人として嬉しいことです。

自分が担当した選手も毎年多くの方を担当させて頂き、選手一人一人に

思い出があります。

 

自分がトレーニングやコンディショニングを行ったことや

伝えていたことが少しでも年齢を重ねて理解して頂けばと思います。

これからも多くの選手に自分の持っているものを伝えていければと

思います。そして選手から学ぶことは非常に多きいと感じる日でした。

 

 


 

今日の投稿は

腰痛の予防対策、自分の体重をコントロール出来る筋力を強化しよう。

 

腰痛の大きな原因は姿勢にありますが、これは姿勢を維持する筋肉を強化することが重要です。

姿勢を維持する理由としました、普段の生活では身体は動き続けています。

しかし、腰椎は基本関節を安定させなければならない関節です。

この腰椎の周辺の筋力で姿勢を維持することが困難であると、実際には腰部をスピードを

止めることが出来ません。

そのスピードを止めれないで動くことは常にどこかでスピードを止める箇所が必要になります。

その止める箇所が本来は股関節、胸椎、腹部インナーマッスルは背筋になります。

 

腰痛を予防するには、この止める為の筋力を強化することが必要です。

止まれないと身体はどこかで自分の体重を止めようとします、それが腰である場合が

少なくありません。これが長期間続き事で腰部は常にオーバーワークとなり腰部の

痛みになるのです。

 


 

止める筋肉、腸腰筋、殿筋、背筋を強化しよう

 

腰部の変わりに身体の体重と止めてくれる筋はほとんどが背部にあります。

背部の筋を強化することで自分の体重をコントロールしやすくなります。

例えば、座位から立つ、この時には本来臀部と背筋、腸腰筋が活性して身体を

安定した状態に保つ必要があります。過度な脊柱の屈曲や伸展を止める為にも。

この止める動作が出来ないと脊柱を不安定な状態で揺れ結果腰部を痛める原因に

繋がるのです。

 

脊柱は特に腰椎部分は骨の形状から見ても骨同士くっついており

可動性に富んでいません、また回旋する動作はほとんど出来ない為に

回旋を求める動作は本来行うべきではありません。

しかし、止まる為にスポーツ選手はこの腰部分を捻って自分の体重などをコントロール

しようとする選手は少なくありません。

特にスピードを瞬発的に動くゴルフ、野球、テニスでは腰の障害が多いとも言えます。

 

これはスピードを止める部分が股関節や背筋、腸腰筋であるのに、腰周辺で代償している

為であります。腰痛を予防、改善するには自分の体重を移動手段の時に、止めれる筋力、関節の

強化が必要です。

 

腰痛は治せない病気ではありません、腰椎ヘルニアでも腰椎分離症、脊柱菅狭窄症でも

全て正しく強化することで治ります。是非、身体をコントロール出来る力をみにつけましょう。

 


腰痛でお悩みの方、スポーツ選手の方、気軽にお問い合わせください。

asuka-sports.com

asuka-shinkyu@lapis.plala.or.jp

0742-22-0120

asukaトレーニングクラブ

トレーナー野島

 

 

 

 

 

この記事を書いた人

野島 竜一

あすか鍼灸整骨院/asukaトレーニングクラブ院長兼代表

1971年奈良生まれ、 トレーナー スポーツ外傷専門の治療家/体幹トレーニング専門のフィジカルトレーナー。アスリートから一般の方までに体幹トレーニングにより体が健康になる素晴らしさをブログで発信。