太ももの肉離れを解消するには、地面をかく動作から押す動作で動くことをお薦めします。

奈良市のあすか鍼灸整骨院、

asukaトレーニングクラブの

トレーナー兼治療家の野島竜一です。

 


 

W杯サッカーも決勝戦のみとなりました。

フランス対クロアチア

 

このW杯をみて感じたことは、

サッカー選手のフィジカル面での強化や組織的で

長期的なプランでのナショナルチームの強化。

やはり、中長期的な視野にたった内容の

育成、強化が必要になることがわかる大会です。

日本でも各競技でのジュニア世代からの育成を手がけている

競技は世界で活躍していくのが顕著です。

今後もこの流れは更に加速すると思われます。

 


 

太ももの肉離れを解消するには、地面をかくのではなく、押すことを。

 

太ももの肉離れは、野球、サッカー、バレーボール、

バスケットボール、ラグビーなど走る、跳ぶ競技では

非常に多くあります。

この肉離れを何回か繰り返すことで

肉離れが癖になり、なかなか治らずプレーすることも少なくありません。

肉離れにならないようにするには、

動作で特に、ジャンプ、走る、ステップで地面をかくのではなく、

地面を押す動作が必要になります

pixta_35298574_s

写真①では

地面を押す動作がみられます。

このように、地面を押すことで太ももの筋肉が過度に

伸張されるのを防ぎます。

 


 

地面をしっかりと押す動作を習得するには、母指球を意識しましょう。

 

地面をかく動作を改善するには

まず重要なのは母指球で地面をしっかりと踏むことが重要です。

この意識をなくして、地面を踏むことは難しい。

地面を最終的に押すには母指球に踏むことが

理想的な動作の基本となります。

この母指球を意外と踏んでいない選手が多いのも現状です。

特に、高校生くらいでは踵で踏んで動いていたり、

爪先で踏んでいたり様々です。

しかし、それでは体重をお腹から、地面に鉛直方向に伝えることが

難しくなります。これを可能にする為にも母指球で踏む意識が必要

なのです。

太ももの肉離れは、大腿部をかくような動作でおきます。

このかく動作を頻繁に起こす為に、筋肉は引き剥がされようと

します。肉離れは筋肉が断裂または一部が断裂します。

いちど断裂するとその部分の筋は脆弱になります。

しっかりと動作を修正することで肉離れを最小限まで

回避できます。

 

肉離れは最悪選手生命にもかかわります。

是非、動作改善することをお薦めします。

 


 

太ももの肉離れでお悩みの選手、親御様、

気軽にご相談ください。

asuka-sports.com

asuka-shinkyu@lapis.plala.or.jp

0742-22-0120

asukaジュニアトレーニングクラブ

トレーナー野島

 

 

この記事を書いた人

野島 竜一

あすか鍼灸整骨院/asukaトレーニングクラブ院長兼代表

1971年奈良生まれ、 トレーナー スポーツ外傷専門の治療家/体幹トレーニング専門のフィジカルトレーナー。アスリートから一般の方までに体幹トレーニングにより体が健康になる素晴らしさをブログで発信。

この記事を読んだ方は、他にこちらの記事も読んでいます。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。*が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)