膝の前十字靭帯損傷からの復帰について、動作を変えることが重要。

奈良市のパーソナルトレーニングスタジオ、asukaトレーニングクラブ、

asukaトレ塾、あすか鍼灸整骨院の野島竜一です。

 

9月に入りました、暑かった日々も最近では

朝晩は少しづつ過ごしやすくなってきました。

お彼岸が終わるともうすぐ秋ですね。

運動会や学園祭の季節ですね。学生さんには忙しい時期、

またクラブ活動も引退の時期ですね。

 

今日は膝の靭帯損傷でももっともリハビリや術後の

経過が難しい前十字靭帯損傷のお話です。

 動作不良から起きる靭帯損傷です。

膝の靭帯は前十字靭帯、後十字靭帯、(内、外側)側副靭帯を

4つから構成させています。この中で一番断裂して競技や日常生活に

影響するのが前十字靭帯損傷なのです。

まず前十字靭帯は関節内靭帯の為、靭帯断裂したのち自力で治癒する

ことはありません。

基本手術となります。手術しない場合は膝の不安定な膝くずれ現象が

ずっとついていきます、また全力で走ったりした後急に止まることは

非常に危険です。ですので競技をおこなうことは出来ない訳ではありませんが

かなり膝へのリスクを高めることになります。

ですので通常は手術です。

しかし、手術したから完全に回復するかというと、実際にはかなりそうではありません。

術後のリハビリ、動作の基本的な改善に取り組む必要があります。

 

 競技への復帰は自分との闘いとなります

前十字靭帯損傷からの競技復帰は決して簡単ではありません。

リハビリで強化しても動作が変わらないと再断裂することも珍しくはありません。

何回も繰り返すと競技を続けることは現実的に難しくなります。

僕も膝の前十字靭帯損傷を数多く診させて頂いてそう感じました。

しかし、競技に復帰しても以前のようなパフォーマンスに戻すには

本当に自分の動き自体を一度見直す必要があります。

動きとはそれはとまる動作が特に問題があります。

 

スピードを急に止める際は臀部の力でスピードを落とす。

競技では方向転換やステップなどで急にスピードを落とす動作は

少なくありません。しかし、この動作こそ膝への大きな負担になる原因です。

バスケットボール、ハンドボール、サッカーなどは特に

このように急激なスピードの切り替えによる動作が多くなります。

しっかりと臀部の力でスピードを調整できる動作方法が必須となります。

 

膝の靭帯損傷からの復帰やリハビリ、トレーニングのご相談に事なら

asukaトレーニングクラブにお任せください。

asuka-sports.com

asuka-shinkyu@lapis.plala.or.jp

 

 

 

 

 

 

この記事を書いた人

野島 竜一

あすか鍼灸整骨院/asukaトレーニングクラブ院長兼代表

1971年奈良生まれ、 トレーナー スポーツ外傷専門の治療家/体幹トレーニング専門のフィジカルトレーナー。アスリートから一般の方までに体幹トレーニングにより体が健康になる素晴らしさをブログで発信。

この記事を読んだ方は、他にこちらの記事も読んでいます。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。*が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)