足の親指の母指球の部分が痛い、これって種子骨障害ですよ!!

 

体幹トレーニングアドバイザー兼スポーツ外傷専門の治療家の

ノジこと野島竜一です。

奈良市であすか鍼灸整骨院・asukaトレーニングクラブで

働いております。

今日は昼間バトルロープトレーニングをやり過ぎて

背中が現在も筋肉痛がやばいですね。

バトルロープも懸垂と同様に背中のパワーアップに効果が

ありそうです。

今日のお話しです。

足の親指の付け根の部分が痛くなったらそれは種子骨障害かもしれません!

母指球筋といわれる

部分、この部分に種子骨といわれる

豆粒くらいの骨があります。

image1-31

こういう骨を種子骨といいます。

膝のお皿は種子骨の一種です。膝のお皿は種子骨で

最大のものですね。

この障害は

スポーツ選手ではサッカー選手や

ラグビー選手のように

つま先で瞬間的に地面を強く踏む選手に

多いのが特徴ですが

一般の方でもつま先立ちが1日の

頻度して多い人にもなります。

症状の特徴と判断基準は。

母指球部分への圧痛がとても痛くなります。

この種子骨が分裂してしまいっているのです。

患部は腫れてきます。しかしこれは骨折では

ありません。

この障害の判断として

つま先立ちの動作時に痛みが増加します。

まずはつま先立ちの動作を

やめる必要があります。

予防としとは専用のテーピングをして

動作を修正していきます。

走る時につま先だけの加重を

やめて足の中心部で地面を踏み込め動作が

必要になってきます。

痛みがある程度収まれば大丈夫だす。

足の親指の裏が痛いなぁと思ったら

種子骨障害も念頭に入れましょう。

 

足の障害はたくさんあります。

ただの捻挫と間違いやすいので、

サポーターやインソールで安易になおると考えるのは

注意が必要です。治療方法や動作の改善をきちんと行う

ことをお薦めします。

今日のお話しはおしまいです。

 

 

この記事を書いた人

野島 竜一

あすか鍼灸整骨院/asukaトレーニングクラブ院長兼代表

1971年奈良生まれ、 トレーナー スポーツ外傷専門の治療家/体幹トレーニング専門のフィジカルトレーナー。アスリートから一般の方までに体幹トレーニングにより体が健康になる素晴らしさをブログで発信。

同じカテゴリーの記事を読む

この記事を読んだ方は、他にこちらの記事も読んでいます。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。*が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)