ジュニアトレーニング、中学生のサッカートレーニング、切り返しのスピ―ドをあげるには!!

ジュニアトレーニング、サッカートレーニングです。

切り返しを速くするには特に今日は中学生向けになります。

サッカーで特に中学生になると、コンタクトプレーや切り返しのスピードがとても求められます。

しかし、なかなか、速く切り返すことが出来ない選手が少なくありません。

ではいかに切り返すスピードを向上させるか。

この切り返すスピードこそ、素早く動くことにはとても重要です。

特に中学生以上になると、小学生以上に切り返すスピードを向上します。

それに対応するには、身体の使い方がとても大切になります。試合中にサッカーでは何十回も

ターンオーバーと言われる切り返す動さが求められます。

 

では、このターンオーバーを速くするには

①股関節で地面を押す

②股関節の内旋と言われる動作が必要

③上半身の回旋が必要

この3つが必要になります。

切り返し動さでは、横の動きと縦の動きが両方入ります。

その為、一旦切り返す時に、外側の脚に体重を全部乗せると実際は切り返すのに時間がかかります。

その為、出来るだけ進行方向に自分の体重を乗せる練習が必要になります。

 

①シャフルトレーニング

写真①では基本、進行方向に体重を乗せていきます。

この練習はなかなか最初難しくこの写真では右足が進行方向ですが。右に体重を乗せることが出来ない

選手が少なくありません。それは普段どうしても横の動きの時に進行方向に体重をのせていない為、

進行方向に体重がのりにくくなっています。

 

このシャツフルがトレーナーの合図で右や左に進行を変えます。

その変える時に、体重がどちらの脚にのっているか。これがとても重要です。

実際にはこのシャッフルからクロスステップなどで縦方向に動きます。

しかし、基本は自分が進みたい方向に身体をすぐに傾けれるか。それがポイントになります。

 

②クロスオーバーステップ

写真②では、クロスオーバーで横から縦の動きに変化していきます。

このとき、縦の動きではクロスステップという後方の脚を前方の脚を追い越していきます。

この写真②では左脚が次の瞬間右脚を追い越します。

このクロスステップを覚えることで切り返しの動作をとても速くなります。

 

しかし、この時も見て頂きたいのは、身体が常に自分の進行方向に向かっているということです。

この意識がとても重要です。

中学生になると、特に足のスピードは50mよりもいかに短距離を素早く動けるかが

求められます。

その為、サッカーのようなターンオーバーが多い競技では切り返しの動作を正確に覚えることで

自分のスピードを活かすことが出来ます。

是非、中学生で脚が速いが切り返しが遅い、横の動きが遅いと言われる選手は動作手順を

覚えることでどんどん速く動けるようになります。

 

是非、中学生でサッカーで速く動きたいとお思いの親御様気軽にお問い合わせください。

asuka-sports.com

asuka-junior.com

asuka-shinkyu@lapis.plala.or.jp

トレーナー兼コーチ 野島

 

この記事を書いた人

野島 竜一

あすか鍼灸整骨院/asukaトレーニングクラブ院長兼代表

1971年奈良生まれ、 トレーナー スポーツ外傷専門の治療家/体幹トレーニング専門のフィジカルトレーナー。アスリートから一般の方までに体幹トレーニングにより体が健康になる素晴らしさをブログで発信。

同じカテゴリーの記事を読む

この記事を読んだ方は、他にこちらの記事も読んでいます。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。*が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)