asukaラグビースクール、楽しく、思いやりのある、そして運動能力を向上させるそんなスクールを目指しております。

asukaラグビースクールは2020年7月からスタートしております。

私がラグビーを学生自体おこなっており、以前からスクールを行いたいと思い

スタートしました。

以前からタグラグビーのチームでの指導やラグビー選手の指導を行ってきました。

 

スクールを行う上で考えていたことがあります。

まず最近の子供たちの運動能力の低下です。長年子供たちのトレーニング指導を行い、

怪我が段々低年齢化しております。

また、最近のスポーツクラブ化した中で小学生から勝利至上主義にはしる傾向にも

少し違和感を持ちます。

確かに勝つことも時には重要です。しかし、スポーツで重要なのはそこでしょうか。

楽しむ。そこにつきます。

私は決して学生時代強豪と言われるチームではプレーしていませんでした。

しかし、ラグビーを愛し、ラグビーをしている時は何よりも楽しい時間でした。

そこに楽しむということがあったからだと思います。

 

まずスポーツは楽しい、そこからうまくなりたいという形になることが重要だと

おもいます。ただ勝っても楽しくなければ、本来のスポーツの精神ではないかもしれません。

最近のオリンピックを見てください。

スケボーやスノボードなどの選手はみんな楽しんで行い、勝った選手をたたえています。

楽しむ精神がそこにあるのかもしれません。

 

ラグビーも同じだと思います。まず子供たちありきなのです。

まず子供が楽しむことが重要だと思い、出来るだけ子供たちが

学年を問わず、楽しめる雰囲気づくりをコーチ陣が心がけております。

 

相手を思いやる気持ちも必要です。

トライをとってもそれは選手全員のプレーの結果なのです。

 

運動能力については当スクールでは、基礎的な体力、持久力、体幹力、走力、コーディネーショントレーニングなどを

導入しラグビー以外の競技でも活きる運動トレーニングを導入しております。

 

子供たちが楽しく、思いやりのある、そして運動能力を向上させれる

スクールを目指しております。

 

asuka-junior.com

asukaラグビースクール 代表野島竜一

 

 

この記事を書いた人

野島 竜一

あすか鍼灸整骨院/asukaトレーニングクラブ院長兼代表

1971年奈良生まれ、 トレーナー スポーツ外傷専門の治療家/体幹トレーニング専門のフィジカルトレーナー。アスリートから一般の方までに体幹トレーニングにより体が健康になる素晴らしさをブログで発信。

同じカテゴリーの記事を読む

この記事を読んだ方は、他にこちらの記事も読んでいます。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。*が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)