野球専用トレーニング。 バッティング向上には伸筋群を使おう、下半身編!!

今日は野球専用トレーニングの下半身編です。

出来るだけ伸筋群を使うことで爆発的なパワーを発揮することが出来ます。

 

下半身では殿筋とハムストを強く意識することが重要になります。

踏み込むときにいかに素早く踏み込んで地面反力をもらうかが

バッティングに大きな影響を生み出します。

 

野球やテニスなどの場合、道具を使う競技では下半身からの地面反力が

競技のパフォーマンス向上につながります。

 

①横方向への体重移動

 

写真①では横方向への体重移動をおこなっています。

地面から足を高くあげるのではなく、股関節を正しく曲げで地面を素早く

押して殿筋、ハムストの伸筋群を伸ばして移動するトレーニングです。

別名シャッフル動作ともいわれています。

この動作は進行方向の反対側をいかに素早く押して進むか。

シャッフル動作が行えることで横方向への移動のリズムをつかむことが出来ます。

 

②地面反力をもらってのバッティング

 

写真②では地面反力をもらってのバッティングです。

右バッターの場合、右の臀部~ハムストで地面を押して左の臀部とハムストで

地面を捉えて上半身にその力を伝えます。

右下半身→左下半身→上半身に力を伝えていきます。

この時に先ほどのシャッフル動作がいきてきます。

出来るだけ、地面を押して次にその力の床反力をもらい

上半身につなげるには、下半身で強い力を発揮することが求められます。

 

伸筋群はその動作を行う筋として非常に有効になります。

殿筋、ハムストを意識してスイング動作を行うことが肝心になります。

トレーニング方法としましては

四股動作をまずはお薦めします。

下半身の体重移動をスムーズに行う為にも四股動作は重要になります。

 

③~⑤四股動作

上記のようにしっかりと片足で伸筋群を使って四股をしていきます。

四股は正しく地面をおしていないと立つことが出来ない為に、

多くのプロ野球選手も採用しているトレーニングになります。

このように左右の体重移動をいかに殿筋やハムストを使うことで

バッティングの際の上半身の背筋、三頭筋への刺激は大きくなります。

殿筋と背筋はほとんどくっついている状態にあります。

殿筋を伸長することで背筋群の伸長にもつながるのです。

 

下半身では左右ともに地面を押す動作が入る為にバランスのとれたトレーニングが

不可欠です。どちらかが極端に弱い場合はバッティングでも影響してきます。

 

伸筋群を正しく使うことで下半身から上半身への力の伝達がスムーズに

行われていきます。

バッティング動作でお悩みの親御様、選手の方気軽にお問い合わせください。

高校生から小学生まで多くの野球選手がフォームを改善し

バッティングが向上しております。

 

asuka-sports.com

asuka-shinkyu@lapis.plala.or.jp

 

トレーナー兼コーチ 野島

 

この記事を書いた人

野島 竜一

あすか鍼灸整骨院/asukaトレーニングクラブ院長兼代表

1971年奈良生まれ、 トレーナー スポーツ外傷専門の治療家/体幹トレーニング専門のフィジカルトレーナー。アスリートから一般の方までに体幹トレーニングにより体が健康になる素晴らしさをブログで発信。

同じカテゴリーの記事を読む

この記事を読んだ方は、他にこちらの記事も読んでいます。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。*が付いている欄は必須項目です