X脚って治りますか。 ほとんどは足首の問題を解決すると改善します。

よく、O脚は治るけど、x脚は治らないのとご相談を受けます。

x脚の場合、言葉通り膝が内側を向き、足がX字形になってしまいます。

よく腰が悪い・股関節が悪いのが原因と言われます。

どれも間違っていないのですが根幹はどちらかというと

足首の硬さや足底に問題があるのではないでしょうか。

足首の硬さと足底筋の弱さがX脚を生む

地面と設置してカラダを支えているのは基本足です。

足首の関節の硬さに問題があると必ず

膝や股関節に影響を与えます。

ですから”膝の向きを決めるのは足首”といっても

過言ではありません。

現に膝のx脚の方で足首に柔軟性がある方はいません。

後は足底です。この部分の筋肉の弱さも膝に影響を及ぼします

足底部分の特に内側アーチ

がつぶれる(扁平足※扁平足の記事はコチラhttp://asuka.sneaz.jp/wp/henpeisoku/)

と膝は内側に倒れやすくなります。

x脚を予防するにはまず、足首の柔軟性、そして足裏の筋力をあげ、しかりとアーチを作りましょう

それが出来たら、股関節をきちんと使って動作をすることでx脚は予防・改善できます。

X脚の原因を知っているだけでも、

日々の生活で意識できます。

そんな些細な心がけも予防や改善にはとても大切なことです。

DSC_0611以前にも紹介しました足首の柔軟性のトレーニング。

DSC_0580足底のトレーニング!!DSC_0606

こんな感じで足首の硬さが膝を内側方向にむけます。

時間はかかりますが、足首の硬さや足底アーチの問題は今後

カラダの様々なところに影響しますので

修正するなら早い方がいいと思います。

最後までお読みいただきありがとうございます。

この記事を書いた人

野島 竜一

あすか鍼灸整骨院/asukaトレーニングクラブ院長兼代表

1971年奈良生まれ、 トレーナー スポーツ外傷専門の治療家/体幹トレーニング専門のフィジカルトレーナー。アスリートから一般の方までに体幹トレーニングにより体が健康になる素晴らしさをブログで発信。

同じカテゴリーの記事を読む

この記事を読んだ方は、他にこちらの記事も読んでいます。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。*が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)