肩関節を強化する方法で五十肩や肩こりも解消!!

奈良市のパーソナルトレーニングスタジオ、asukaトレーニングクラブ、

asukaトレ塾、asukaジュニアトレーニングクラブ、あすか鍼灸整骨院の野島竜一です。

高校野球も準決勝ですね。明日からもう残り2試合です。

奈良県代表の天理高校が頑張っています。

是非、明日の試合も”底力”を見せてください。

 

今日の投稿テーマは肩のトレーニング方法のご紹介です。

肩関節を強化する方法は色々ありますが、

僕がお薦めするのはタ―キッシュゲットアップやワンアームでの

ウォークやランジです。

肩に負荷をかけ不安定にすることが強化に!!

肩関節は以前にもブログでお話させて頂きましたが、

非常に不安定な関節です。ですので安定性にもともと欠けています。

その為一度肩を痛めると再発する確率が非常に高く、

肩を構成している筋の脆弱化や可動範囲の低下に繋がります。

肩を強化するにはこの不安定な部分を安定性を持たせる

ことを意識させることが重要になります。

dsc_1083

↑こんな感じで身体を動かしていると肩に大きな負担がかかります。

肩関節を強くするには体幹部分との連動動作を行うことが重要です。

 

肩と体幹を連動させるタ―キッシュゲットアップ!!

関節は基本単独での運動はしません。

連動して動いています。

肩関節も同じですね。しっかりと体幹部分のコアを意識して

行うことが肩を強化することに結果として繋がります。

肩関節を強化するメニューとしてお薦めが↓このメニューです。

img_1625

このトレーニングを行うことで肩周辺の筋だけでなく

肩を動かすときの様々な関節を連動して

強化することができます。

しっかりと肩を安定させ続けることが出来れば

肩の可動域範囲の拡大や肩周りを構成する筋を強くする

ことが出来ます。

また、肩の筋が強化されることで姿勢を維持しやすくなる為に

肩こりや五十肩を予防することに繋がります。

また、片手で重りを持ち肘を伸ばし耳の横にあてて

歩行するメニューでも同じような効果をえら得ます。

このメニューについてはまた次回の肩のお話しの際に取り上げたいと

思います。

肩は非常に繊細な関節だと思って頂いてもいいと思います。

30歳を過ぎたら肩の強化を図っても遅くなないと思います。

 

肩関節リハビリ専門のアスレチックトレーナーが在中しております。気軽にお問い合わせください。

asuka-sports.com

asuka-shinkyu@lapis.plala.or.jp

 

 

 

この記事を書いた人

野島 竜一

あすか鍼灸整骨院/asukaトレーニングクラブ院長兼代表

1971年奈良生まれ、 トレーナー スポーツ外傷専門の治療家/体幹トレーニング専門のフィジカルトレーナー。アスリートから一般の方までに体幹トレーニングにより体が健康になる素晴らしさをブログで発信。

この記事を読んだ方は、他にこちらの記事も読んでいます。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。*が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)