お子さまの下腿部の内側の痛みシンスプリントかもしれません。予防と痛み軽減について。

Many marathon runners running on city road

奈良市のあすか鍼灸整骨院、asukaトレーニングクラブの

トレーナー兼治療家の野島竜一です。


 

カラダを鍛えることや運動することが

TVや雑誌でも取り上げられ、トレーニングや

スポーツをされる方は年々増えています。

カラダを動かすことは、自分の為にも

家族の為にも健康を維持する為には重要な

ことのあらわれかもしれません。

 

後、カラダのコンディショニング調整も

おこなうと更に運動パフォーマンスを維持したり

向上することになると思います。

 

当クラブでも筋膜リリースやアロマセラピーなどを

おこない身体のリラックスと疲労回復を

おこなっております。

 

私も自分のカラダのコンディショニング調整は

やはり年々欠かせなくなってきていますね。

コンディショニング調整をおこなうことで

更にトレーニングパフォーマンスは向上できています。

是非、コンディショニング調整もおこなっていきましょう!

 


 

今日の投稿テーマはお子さまの下腿部の内側の痛み。

シンスプリントは下腿部の内側の痛みです

 

シンスプリント下腿部の内側の痛みです。

原因は一つではありません。

img_2026

↑この部分周辺です。

 

足底の筋の弱さや足首の関節のアライメントの問題、

高頻度の硬い路面での練習によるものなど、

様々です。

しかし、後脛骨筋や足底筋の炎症が重なりあって起こると

もいわれています。

別名 脛骨過労性骨膜炎ともいわれています。

但し、このシンスプリント初期症状は走る、ジャンプの

際の痛みですが、重症化すると歩くだけでも痛みが

伴うことになります。

ですので初期段階の痛みでの予防が重要です。

 


 

 足で踏むではなく、お腹で踏む感覚を

 

シンプントのお子さまの走り方を見ていると

地面を強く踏むことを意識されています。

そのせいか、地面をたたくような強い音がします。

しかし速く走る選手ほど足音がそれほど強くありません。

 

本来地面を踏むさいは、お腹から臀部そして

足底といった順番でおこないます。

一番末端の筋で地面を踏もうとすると以外に

お腹や臀部の力は抜けていきます。

それでは支える部分の足底や下腿部の下部に

疲労が蓄積されていきます。

その状態が長期間つづくことでシンスプリントに

なっていくものと考えます。

 

ですのでシンスプリント予防には足底を鍛えて

地面を支える筋も強化するのと、同時に

腹部から臀部そして足底と地面を踏む感覚を掴むことが

疲労を一箇所にとどめないことにつながります。

 


 

 シンスプリントを予防するトレーニング方法

まず、立位での強化よりコレクティブエクササイズから

おこなっていきます。

まずは、仰向けでのお腹から力をだす練習。

img_1811

↑のようにボールを内ももに挟むことで

お腹のインナーマッスルを意識することが

可能となります。

その状態から足底でマットをおします。

 

このようにお腹を意識できるように

なれば、座位でのトレーニング、そして

立位、歩行と順にお腹で地面をつかむ練習を

おこなうことでお腹から踏む感覚をつかめると

思います。

 

 

当クラブでは腰椎分離症、腰椎椎間板ヘルニア、

腰椎すべり症、脊柱官狭窄症、側弯症などの

脊柱に関するリハビリトレーニングを専門で

おこなっています。

 

その中で一番感じるのはお腹の意識を高めることで

今までより腰部や脊柱を守る筋が強くなると、歩行や

競技レベルそのものにも良い影響に繋がることが

現場でトレーニングをおこなうわかっていきます。

 

ですので、シンスプリントの局所のトレーニングを

おこない強化することも重要ですが、本来地面を踏む

時のお腹の筋の活動を活性化することで

動作全体をスムーズにし痛みが軽減していくいことに

つながります。

 

是非、お腹を意識して地面を踏むことを

お薦めします。

トレーニング方法は当クラブでも行っております。

興味のある親御さまやシンスプリントを

予防、痛みを軽減をご希望の方は気軽にお問い合わせください。

 


 

asukaトレーニングクラブ

asuka-sports.com

asuka-shinkyu@lapis.plala.or.jp

トレーナー野島

0742-22-0120

 

 

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。*が付いている欄は必須項目です